孤灯反射炉+露頭直下

ほったらかし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

だいぼうおんせんのおもいで3

久しぶりの旅行記ですが皆様如何お過ごしでしょうか?
毎日クソ暑い日が続きますが、たまにはクソみたいな3月の記事で涼しさを感じて頂ければと思います。

blog20100730-1.jpg

一晩お世話になった大坊温泉を後にし、弘南鉄道の石川駅に歩いて向かいます。
繰り返しますが、料金もリーズナブルで施設も綺麗。料理も美味しくて非常にいい温泉でした。
風評被害とかいい加減(ry

2月の北陸修行の時にブーツがあれば快適と学習したので、今回はブーツ装備です。
おかげで雪や水は全く靴に入ってこないのですが、若干歩行速度が遅くなるというデメリットも。
そんな訳でかなりのんびりと歩きながら石川駅を目指しました。

blog20100730-2.jpg

途中、大坊十文字、大坊小学校など何故かにやけそうなバス停を通りながらのんびりと歩きます。

blog20100730-3.jpg

歩いていて思ったのですが、この辺の地域は殆どの家に蔵があるっぽいです。
どういった訳か分かりませんが、多いです。

で、到着したのは石川駅の近くにある大仏公園
ちょっとした撮影スポットらしく、ここであけぼのを待ちました。
日本海は宿を出たのが遅かった関係で撮影できず。

blog20100730-4.jpg

さて石川駅に向かいますよ。

blog20100730-5.jpg

こんばんわー!

駅には有名な例の「ふざけていると最悪の場合死にます」の看板が。

で、踏切が鳴って電車が来ました。

blog20100730-6.jpg

やあ、随分とSLチックな電車だねぇ。どこから乗るのかな・・・


じゃなくて、弘南の雪かき列車、キ100がやってきました。
年15回ほどしか動かないそうなので、いいものを見たなという感じです。

とりあえずここから大鰐温泉へと向かいます。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

だいぼうおんせんのおもいで2

3月末にカメラがぶっ壊れて、修理に出してようやく帰ってきました。ようやくと言っても1週間経ってないんですけどねw
落っことした時の衝撃が強烈だったようで、多くのの部分が新品となって帰ってきました。それでも修理額は一定料金だそうで、かなり助かりました。まあそんなところでクソつまんねえ旅行記の続きです。

そんで参加者が全員集合した後は食料と宴会のドリンクを調達にイトーヨーカドーに行き、弘南鉄道です!
初履修となります。これで館田(たちた)なる駅まで向かいます。
ワンマンカーなのでそれ用の設備がいろいろとあるのですが、これ↓
s-blog20100407-1.jpg
National

モロに家電ですねw

車内では宴会に供するためのドリンクをスーパーの袋に入れたまま持ち込んだので、高校生にプギャーされるなどの楽しいイベントもあり、列車は無事に館田に到着。

s-blog20100407-2.jpg
おお・・・

駅に到着したのは6時前となり、ここから南へ2kmの大坊温泉まで徒歩で移動・・・
雪の無い平地なら2kmぐらい屁でもありませんが、ここは雪国。路面は解けかかった雪でぐしょぐしょだし、辺りもかなり暗くなって来ている・・・

メンバーを重い雰囲気が覆い始めたその時!

s-blog20100407-3.jpg
バス停!

1日に3本しかない本数の最後の一本が5分ぐらいで来るようです。
しかもこれ、しっかりと大坊温泉にも止まることも判明。一同バスを待つことに。


が、来ない。


「田舎のバスが定時に来る訳ないよねー(*´・∀・)(・∀・`*)ネー」
なんて話をしながら、通過時刻を過ぎて5分後ぐらい・・・


キタ!


三菱のROSAでした。おまけに乗車率は座席が半分埋まるほどと結構乗っている。


まあ乗れないことは無いのでそのまま乗り、いよいよ目的地が近づく。


s-blog20100407-4.jpg


そして・・・

s-blog20100407-5.jpg
!!!

さあとくとご覧下さいこの艶かしく光り輝く大坊の文字を!


写真でしか見たことのない大坊温泉を目の前にして、一同何故か大爆笑(ry

その後はのんびりと宴会したり集合写真をバルブしたりして過ごしました。
真冬の夜でしたが特に変な夢も見ることはありませんでしたとさ

s-blog20100407-6.jpg
新館。正面写真の左側に当たる建物。

blog20100407-8.jpg
大浴場のある本館は少し昭和の香りがする。

PageTop

だいぼうおんせんのおもいで

私はとある大学の鉄道研究会に所属しているのですが、そこでは今、某野球選手や某塗料屋の方が活躍する某ビデオ(ニコニコでも視聴できます)が何故か大流行しています。そのビデオの登場人物の中に、「大坊」という方がいるのですが、「名前が同じだから」という安直な理由から、毎春恒例の旅行分科会の目的地が青森県の大坊温泉に決まり、3月の中旬に合宿がありました。
そんなどうでもいい旅行記です。ご期待下さい。

3/10
EXP-HYT
旅の始まりは上野駅からです。
はやての指定券が東京からよりも200円安いというのが決め手でした。

日本の技術の粋を集めた新幹線。早いです。
もう盛岡に着いてしまいました(ぇ

blog20100328-1.jpg
カラフルね

盛岡を出るとあっという間に終点の八戸に着いてしまいました。
もうすぐここも終点でなくなりますね


- はちのへ -

blog20100328-2.jpg
ほうほう・・・

blog20100328-3.jpg
ふむふむ・・・



「東北地方なんだから雪にはめちゃんこ強いだろう」という認識ではありましたが、流石に強烈だったようで、ポイントが凍り付いてしまったようです。そのため、乗車予定のつがる7号がなかなか発車できず、ようやく八戸を出発したのは予定よりも50分後となりました。
とにかくホームまで余裕で雪が降りこんで来るし、なにやら寒さもおかしいんですね。もう肌が露出してる部分が急速冷凍されるような感じで、即座に装備の帽子を被りました。
でも寒さに弱い関東人を尻目に、現地の高校生と思しき男子学生はスニーカー履いてるし、服装も東京で一般的に見られるような服装をしていたりしました。どう見たって寒いだろうよ。

で、つがる7号は三沢、野辺地に臨時停車した後、青森に。
blog20100328-4.jpg
ほうほう・・・

この辺りの光景はカメリア60号さんの動画でよく見ていたので、耐性が少しはあったりしますw

↑これの最後の方とか。雪に埋もれてる機関車とかの画像を見てればこれくらい大したこと無いって思えちゃうというね。

そんで、ダイヤも乱れているようなので青森で途中下車する予定だったのを変更し、弘前までつがる7号で行くことに。
ようやく正常な停車駅となり、自動放送も復活しました。
ただ録音は失敗してかなりボロボロでした

blog20100328-5.jpg
青森で座席転換する派=しない派
同数だったのが面白いw


ひろさき ひろさき ごじょうしゃありがとうございました(棒読み
blog20100328-6.jpg

新天地新開地、弘前です。
行ったことない土地ってのは何かワクワクしますねぇ

折角なので動画撮ったり放送を録音したりした後、改札外へ。津軽フリーパスを購入しました。
集合まで時間があるので、中央弘前の駅でも行ってみようと思い、とりあえず地図も無く記憶だけで歩き始める。。。

「確か大通りを真っ直ぐ行った方向にあったな・・・ まあ、いいか」(股尾前科風に
   ↓
^q^ あんないが きえました

まあいつも通りの重い荷物を持って長距離をさまよう修行をした訳です。
ただそのまま引き返すのも面白くないので、適当な大通りを南下してみることに←死亡フラグ
これも500mほど行ってみるも駅前に出る感じがしないし、T字路に突き当たったのでJR弘前のほうに行ってみる・・・


すると


blog20100328-9.jpg
!!

案の定ではありますが、駅を囲むように歩いていた模様。

特に電車に乗る訳でもないのでこれで満足し、適当に周囲を見てみると撮影できそうな場所を発見。
ここで20分ほど待って電車が来るのを待つ。

blog20100328-10.jpg
kt


これにて大満足し、集合場所の弘前駅に戻ったのでありました。

さまよっている間にはこんなものも見つけました。

blog20100328-7.jpg
100円か・・・ いいね!
blog20100328-8.jpg
郷土資料館のようなもの

PageTop

千葉駅構内にシャッター通り出現

ちょうど去年と今年の境目辺りから、千葉駅構内にシャッター通りが出現し始めました。というのも、記憶に新しい昨年の金融危機の煽りを受けて、各店舗が使用料などを払えない事態が相次ぎ…
という訳ではないようで(ぇ

千葉駅改築に伴う閉店だそうです。

blog20100108-1.jpg

最初はマツキヨだけかと思っていたら、実は隣の店舗も次々と閉店。
blog20100108-2.jpg

さらには改札外の店舗も閉店が相次いでいたのです。びっくり。
blog20100108-3.jpg

こうして、2週間足らずで駅構内にはシャッター通りが。
blog20100108-4.jpg

個人的にはマツキヨと改札外のいっつえる閉店が衝撃でした。マツキヨは小学生時代からずっとありましたし、いっつぇるは千葉駅の駅そばで唯一生麺が食べられる場所でしたので…
東口改札側の店舗もいつ閉店するかわからないけど、何となく名残惜しい感じです。新駅舎でも多くのテナントが入るといいですね。

PageTop

オフなど

私が突如きたぐにに乗りたくなったので大阪に行く、と騒いでいたら「じゃあオフでも」という流れになり、昨日無事?にオフ開催と相成りましたので久々の更新です。
PageTop

新鉾田→十二橋

沿線探訪の後半です。新鉾田から佐原まで・・・のつもりでしたが、雨が降ってきたのと、偕楽園なぞ寄り道していたせいで出発時刻が後れたのもあって終点は十二橋に。

さて新鉾田から・・・の前に、前回の記事で紹介したヒヌマ。
あそこの北側はカーブの先にトンネルと山が続き、いい感じで撮れそうな場所でした。
blog20090227-1.jpg
駅の反対側から撮ったためすこし片寄っていますが先端に行けば良く撮れると思います。
順光は午前中でしょう。

blog20090227-2.jpg
601ってのっぺりフェイスな割りに車体長いんですよねぇ。

さてさて新鉾田。少ししんみりしながら鉾田駅跡を後にする。
・・・とそこへ
blog20090227-5.jpg
「車は急に止まれない。あなたは急に泊まれます。」
なんだこのユーモアに欠けたアメリカンジョークみたいなのは・・・
ちょっと調べてみたけど、ホテルさわやのHPはしっかりした綺麗なものでした。そしてこの文章についての記事もいくつかw

さて鉾田を紹介したし新鉾田はいいね(ぇ
というわけで北浦湖畔!
blog20090227-3.jpg
blog20090227-4.jpg

この駅は以前バスから見たことがあるのですが、一目惚れでしたね(何
だって、
○ホームがカーブしている。おまけに見上げるような高架
○ホームから北浦が一望できる
○駅近くに好撮影地が点在
もう三重丸な訳です。

少しだけ休憩した後、南方約5kmの地点にある北浦温泉に!温泉!
で、この温泉は北裏に架かる鹿行大橋のすぐ近くにあるのですが、この橋が曲者でして・・・
blog20090227-6.jpg
一見、普通の橋に見えますが

blog20090227-7.jpg
実は車一台分ぐらいの幅しかないのですよね。しかも一方通行じゃないんだぜ・・・
途中には退避場所があります。まあこちらは自転車なので全くお構いなしですが。

北浦温泉のある北浦荘で十分休憩したあと、大洋駅を目指します。
・・・雨降ってきた

blog20090227-8.jpg
悪化する見込みはないので、北浦と太平洋を隔てる丘陵を超え、大洋駅に。
この丘陵、かつて関東平野一円に存在した古東京湾という海にできたバリアー島の残骸ではないかと考えられますが、その辺の話は私も良く分かっていないのでやめます。

大洋といっても海は見えません残念。

blog20090227-10.jpg
だいぶ暗くなってきましたね。鹿島大野に到着です。
この駅、関東の駅100選に選ばれたそうですよ。とはいっても無人駅でしかも駅舎の中にはトイレと待合室と階段しか無いんですけどねw
こんなことやる前にホームの待合室を何とかしてくれよ・・・

-超じゃが浜潮騒はまなす公園前-
南阿蘇なんちゃら高原よりもこっちのほうが好きです。あれはなんか長い駅名狙った感が激しく出ていますので。
長い駅名なら「南房総海の見えるヒカリモ発生洞窟前の竹岡駅」とか簡単に作れますし。
blog20090227-15.jpg

で、この駅、看板がやたらでかいんですよね。今までの駅と比較してもかなり大きいw
暇な人は一度行ってみるといいと思います。ついでに微妙に公園までは距離があります。「はまなす」の花期は6~8月ぐらいだそうですよ。
blog20090227-11.jpg


blog20090227-9.jpg
鹿島灘。駅前は畑。それ以外は特に無し。

blog20090227-12.jpg
臨時駅を除けば鹿島神宮の次。荒野台。
今までの駅でも荒野○○にしたほうが良いような駅もありましたな・・・荒野旭とか

スタジアムはあんまり面白くなかったので載せません(ぇ
じんぐう

のぶかた

イタコのトシエが しょうぶをしかけてきた!(適当
blog20090227-13.jpg

じゅうにきょう
blog20090227-14.jpg
ああレンズに水滴が・・・自転車も泥だらけ・・・

そんで図らずも終点となった十二橋。これで房総ローカルのうち自転車で行っていない駅は求名と福俵だけでしょうか。
PageTop

偕楽園→徳宿

山陰旅行記を一旦中断して、先日の臨海探訪を先に終わらせようと思います。
行程は前の記事の通り。とりあえず偕楽園から徳宿までをご紹介。

blog20090206-2.jpg
うめてんてー
偕楽園の梅ですよー満開ですよー
入場料無料だし、梅は満開だし若干陽が出てきたし人も少ないし、大満足の偕楽園でした。入場料300円で雪なしのガッカリ兼六園とは大違(ry

blog20090206-3.jpg
しらちょう白鳥ですよー
湖沿いを水戸駅まで戻る。

9:00
さてさて臨海の各駅を探訪してまいります
まず水戸の次は常澄駅ですね常澄。ずっと線路沿いを走ってきたんだから間違いない。

blog20090206-11.jpg
東...水戸?

通過したっぽい/(^o^)\
確実に線路沿いの道を通ってきたんだぜ見逃すとかありえねー

とは思っていたが、常澄駅入口↓
blog20090206-4.jpg
いや、これは見逃しても仕方ないかも。思えば途中で信号があったなー

blog20090206-5.jpg
さてさて大洗駅。沿線で水戸の次に栄えていますね。車両基地もありますが今回はスルー

blog20090206-6.jpg
ヒヌマ!
駅舎は立派だが無駄な空間が多い気がしなくもない。業務委託駅です。
blog20090206-7-1.jpg
@ヒヌマ
確実に終日逆光なので曇天限定。

blog20090206-8.jpg
途中最短距離を通ろうとして恒例の道間違えなどして到達した鹿島旭駅です。
マックスコーヒー飲んで休憩。

blog20090206-10-1.jpg
@徳宿駅の近くにて。
この駅は何故か掘割の途中にある駅だったりします。掘ったり盛ったりと大変な鉄道だなと思いましたね。

さて、徳宿の南西3kmの地点には榎本駅がありました。
次は新鉾田ですね。

blog20090206-9.jpg
(´;ω;`)鹿島・・・
思えば葬式しか行けなかったな・・・車両も魅力的だったしもっと早くから知っておくべきだった。。。

というわけで前半おしまい。続きはニコ胴の話。
PageTop

というわけで1時間ほど前に帰ってきました。
2時ぐらいから雨降り始めたよチクショウ天気持たなかったなさすが天気もたない
晴れだと逆光でカオスになる駅も多かったし、曇りが一番よかったんだけどねぇ

本日の行程は以下のとおり
blog2090224-1.jpg

PageTop

出雲

出雲と言えばあの赤地に白のモクモクしたアレですよね。早期に電車化されて生き残ったことは幸いだったかもしれませんね。

blog20090223-1.jpg
というわけで旅行3日目、今日は一畑電鉄を訪れます。

blog20090223-2.jpg
電鉄!この電鉄というのがいいんですよ電鉄というのが。
この車両、元南海21000系でして、ズームカーの先駆けとなった車両だそうです。
で、その製造年月が、1958年から64年w 国鉄ではまさにクハ111-1が製造されんとしていた時期です。こっちに帰ってきて調べて驚いたのですがそこまで古いとは・・・

さて、出雲と言えば出雲大社です(それ以外何もわからん
blog20090223-3.jpg
一畑電鉄大社線の終点、出雲大社前駅です。ここから出雲大社まで徒歩10分以内。

blog20090223-4.jpg

そんなわけで、大社前にやってきたのだ。
合縁奇縁を物凄い勢いでお祈りした後、境内をうろついているとなにやらヲタ・・・いや、年配の方が数人カメラを持って境内を走っている・・・大人気ない・・・
↓これでした
blog20090223-5.jpg
お祀りだそうです。
そういえばこの日は建国記念日。それと関係あるのでしょうか。

blog20090223-6.jpg
帰りの列車まで時間があるので、隣にある出雲古代歴史博物館に寄った後、旧JR大社駅も行ってみました。平成2年に廃止になったそうです。風情があっていい駅舎でした。

blog20090223-7.jpg
屋外にはD51も展示。近づいて見てみると大きいですねぇ。これが昔は動いていたんだから迫力は桁違いでしょうな。

blog20090223-8.jpg
さて、また本線に乗り換えて雲州平田駅に。
( ゚∀゚)o彡゚ デハニ!( ゚∀゚)o彡゚ デハニ!
引退が近いからホームに止めていてくれてるんですねぇ。ありがてえありがてえ


・・・と思ったら汽笛一声、上り方面に行ってしまいましたw
どうなることやら


PageTop

とりとりさきゅうのらっきょう

取鳥県!
山陰本線に入ってから突如本気出したキハ187の車内がだんだん暑くなってきまして松江を通過。
なぜかクソ暑いスーパーおきの4時間に渡る長旅も大詰めを迎え、終点の米子に到着。


blog20090221-1.jpg

ここからキハ126の快速で鳥取まで1時間・・・・
右下の麓が微妙に見えてる山が大山だろ!すげえ大山だ!とか勝手に興奮しつつ鳥取まで・・・?

スーパー・・・はくと・・・?
blog20090221-6.jpg
結構すぐ降りるんだね 仕方ないね。
ここから取鳥までスーパーはくとで!
すげえ振り子特急だすげえ!とか勝手に興奮しつつ(キハ187も振り子だろが 鳥取まで。

blog20090221-3.jpg
blog20090221-4.jpg
鳥取って面積の半分が砂丘なんだよねとか素人丸出しの観光名所といえばやっぱり取鳥砂丘だろということでバスで砂丘まで。お得にも周遊きっぷのエリア内。
時間があればイナバ神社とかも行ってみたかったけどバスの本数が奇跡的なぐらいに少ないので断念。
帰りは
取鳥→キハ126→倉吉→スーパーおき→米子→やくも→出雲市
とかもうやりたい放題。
blog20090221-5.jpg
車両はそこまでではないけど看板は国鉄フォントがまだまだ健在。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。