スカイライナー乗車記

 千葉私鉄
07 /24 2010
今話題のスカイライナーに乗ってきました。
折角の新鮮なネタだったのに書くのに時間がかかりそうだったから放置してました。
ササッと書いちゃおうねぇ


blog20100719-1.jpg
旅の始まりは上野駅からです。JRのしのばず改札から徒歩1分、京成上野駅の入り口です。
ちょうどレトロな感じのバスも来ました。


blog20100719-2.jpg
乗るのはこのAE100形!JRの新車導入に対抗、また旧AE形のサービス向上として導入された車両です!
前面の傾斜は50度。ライトは鉄道車両では珍しいリトラクタブル式ライトを使用しています。
どうやら発車の直前に開くようです。

blog20100719-3.jpg
車内はこんな感じ。従来の茶色のモケットを青色のものに交換したほか、空気清浄機を後から取り付けています。

さていよいよ成田空港へ向けて動き出します。51分の旅の始まりです。


blog20100719-4.jpg
博物館動物園駅を通り抜け、工事中の日暮里駅へ入る大カーブ。編成が綺麗に見えます。

スカイライナーは都市部を抜け、郊外の住宅街を抜け、印旛沼周辺の谷津や川、丘陵を抜けて成田空港へ!


blog20100719-6.jpg
着きました。成田空港駅です



・・・・何か薄暗いですねぇ・・・・・・・



blog20100719-5.jpg
Welcome to japanの看板も写真を撮ったら呪われそうです・・・

blog20100719-7.jpg
実はここから空港へは距離があって、左側の通路を抜けて800mぐらい進むか、

blog20100719-8.jpg
無料のアクセスバスに乗ることで成田空港へ行くことができます。
バスもやっぱり空港向けで荷物スペースがかなり大きかったりと独自の設計となってました。

こうしてようやく成田空港へたどり着くことができました。
成田空港アクセス対決では京成は不利な立場に置かれているのではないかなぁ、と思った乗車記でした。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んなわけねーだろぉえ!!!

ドウモスミマセンデシタ
すでにお分かりかと思いますが、これは去年9月の乗車記+旧成田空港駅は1991年で東成田となっていますので、全くの嘘っぱちで構成されています。

まあ実際に新スカイライナーは乗ってきましたので、その様子でも。

続きを読む

スポンサーサイト

千葉バスの旅 ~都・いすみ・小湊3色ツアーその2~

 千葉私鉄
01 /23 2010
続き、いすみ鉄道大多喜駅からです。
いすみ鉄道は御存知の通り、経営再建が可能かどうかを見極める期間の真っ最中であり、経営改善の様子がなければ廃線も辞さないと言われています。社長公募~交代と紆余曲折を経て、現在は外資系航空会社運航部長であった鳥塚氏が社長を務めています。
鳥塚氏は自他共に認める鉄道ファンであり、いすみ鉄道のPRや商品開発に非常に積極的に活動されております。
同鉄道の施設も以前と比べて非常に賑わっている印象を受けます。大多喜駅の駅待合室もちょっとした売店のようになっていました。また、鳥塚氏は鉄道の前面展望DVDを販売しているパシナ倶楽部の代表でもあり、売店ではいすみ+小湊のDVDがセットで5000円という破格で販売されていたりしますw


そんないすみ鉄道を今回は大多喜から上総中野まで乗ります。上総中野で折り返して大原にルートも考えられるので、その場合はいすみ鉄道の一日フリー乗車券を、いすみ+小湊で乗り継ぐ場合は関東の駅百選認定記念 房総横断記念乗車券を使うといいと思います。

blog20100123-1.jpg
大多喜駅構内に登場した新撮影スポット

blog20100123-2.jpg
大原方面のホームへ向かうときは線路を横断、警報用の機会からは北陸でおなじみのあの音色が聞こえます

いすみに行くのは冬の夕方がいいんじゃないかと思います。何か非常に郷愁があって一瞬ここが千葉であることを忘れさせるような気がします。
blog20100123-7.jpg

さて、上総中野に着きました(ぇ
blog20100123-3.jpg

無人の駅で駅前もそれほど一通りは多くなく、さらに鄙びた感が味わえます。

blog20100123-4.jpg

blog20100123-5.jpg
駅前。

blog20100123-6.jpg
駅舎

さて、ここからは小湊鐵道ですが、あいにく私はこの後折り返して大原に行きました(ぇ
小湊鐵道ではおなじみ、キハ200に揺られて山間部から平野へと抜けることができます。紅葉の時期には非常に多くの人で賑わいますが、それ以外の季節でも魅力が発見出来るような路線です。是非ご乗車あれ。

千葉バスの旅 ~都・いすみ・小湊3色ツアー ~

 千葉私鉄
01 /22 2010
12月末にちょっとやってみたくなって実行した乗り鉄&乗りバスの旅をご紹介します。
千葉中部を横断するようなルートです。

blog20100122-1.jpg

起点は外房線の茂原駅、千葉から113系に乗れるとなおよしです。

ここから大多喜に行くバスは小湊バスと都自動車がありますが、ここでしか乗れない都バスを選びました。
茂原発の時刻は7:15 10:05 12:10 14:10 16:45 19:00です。バスは発車時間の2分ほど前に来るようです。
ここから大多喜までは約40分、運賃は片道500円です。JRでも茂原から大原まで400円なので、地方のバスにしてはそれほど高い運賃ではないでしょう。


blog20100122-2.jpg

※長南営業所にて許可を得て撮影
使用されているのはこちらのキュービック(たぶん 型番とか分かりませんが、床が木張りのクラシックな車両です。
このバス路線は途中、一宮川と夷隅川の分水嶺を通るため、ちょっとした丘越えもします。エンジンの唸りなど楽しめるかと思いますよw

動画もうpしてみました


40分ほどでバスは終点の大多喜に到着。いすみ鉄道大多喜駅のちょうど正面に止まります。
blog20100122-3.jpg

ここでいすみ鉄道に乗り換え、上総中野へと向かいます・・・

ちばモノレール祭り2009開催!

 千葉私鉄
10 /19 2009
今年で4年目となるちばモノレール祭りに今年も行ってきました。
年々入場者や出店が増えてきているようで、だんだんと定着しているような気がします。

そして今年も来場記念硬券の配布!
さらにモノちゃんをあしらったビニール袋の配布もありました。なかなかデザインもいいです。

blog20091019-1.jpg
今回は前日にちょっと基地の様子を伺ってみました。
ステージやブースは骨組だけで、実際に参加団体が入ったのは当日でしょうか


blog20091019-2.jpg
そして今年もやってきた!ちばモノレール祭り2009
毎度恒例の模型・プラレール館も健在です。今まで列に並ぶのが億劫で敬遠していましたが、今年は入ってみましたよ。




さて、まずは物販です。参加団体はおなじみの北総鉄道やTX、ブリジストンなど・・・
他には昨年より導入されたpasmo。docomo・いすみ鉄道・津軽鉄道・鉄道グッズ店などなど・・・
ゆいレールは今年はいなくなってしまったようですが、以前にも増して多くの企業が出店していました。
モノレールは参加企業とは別の場所で出店していて、少し広くスペースを取ってました。

早速、各ブースを回っていろいろと購入していきますよ!

と言っても、地方私鉄好きの人間なので、津軽・いすみ・銚子などに吸い寄せられて行った訳ですが。

そのほか、若干北総などに吸い寄せられそうになりながらも回避し、モノレールにも立ち寄った後でまさかのゆりかもめに吸着されるなど、いろいろと見て回っていました

購入物、貰い物はこちら↓
blog20091019-8.jpg
貰い物はゆりかもめクッション横のメモ挟みと銚子デキのミニタオル・そのほかパンフなど

久々に、「買い物って楽しいね!」というような買い物でした。


その後は車庫を見学に。
3回目となりますが、入ってみるたびに新たな知識を身につけて帰れる場所だったりします。

blog20091019-3.jpg
とその前に、記念撮影会場を通過。今年の行先幕は「千葉」ですね
手前の説明書きも新調されたようです。

さて、車庫見学です。いつもの通りエレベーターで4階(かな?)へ移動。駆動部分の検査ラインを見て、物販にあったパンタグラフやレールなんかの位置も確認して、職員の方に検査のことなんかについてちょっと質問した後、3階へ。ここでは屋上機器などを真横から見ることができました。説明書きも分かりやすく、勉強になります。

blog20091019-4.jpg

また、ついに新型車両のイメージイラストのパネルも登場。現実味を帯びてきましたね。
外観・内装ともかなり洗練されたデザインで、登場が楽しみです


車庫も見終わったあと、模型館へ足を運んでみました。例年、長い列が伸びていてなかなか入る気がしなかったのですが、たまたま列が短くなっていたので、サッミ と列に並んでみましたw

入り口では模型館入場記念の硬券なんかも渡してくれます

で、まずは第一の部屋に。
blog20091019-5.jpg

113系湘南+横須賀w
さすが千葉の方だわかってらっしゃる

模型の他に、写真コンテストの写真やビアトレインのHM、モノレールの走行模型などがありました。


で、



第二の部屋      ババーン



なるものがあるそうです

案内されて行くと・・・



blog20091019-7.jpg
\ドォーン/


blog20091019-10.jpg
\ズガシャーン/



もうね、


!?

本ぉん当うにびっくりした!もうね、モノレールさん凄いって、この会社凄い!って、改めて感じさせていただきました

爆走するNゲージとプラレールのステレオw
さらに上にもプラレールがあるというねww
blog20091019-6.jpg

職員の方に聞いたところ、なぜか模型部屋になってるんだとか。

そんなこんなで、あっという間にお昼も過ぎてしまい、新京成にも行きづらい時間となってしまったので、おとなしく帰ってパンフレットなどの整理をしていました。

つい先日あったばっかりですが、もう来年のイベントが楽しみになってしまうようなお祭りでした。
皆様も気が向いたら来年は行かれてみてはいかがでしょうか

pasmo使用開始記念HM列車が走っていると聞いて

 千葉私鉄
03 /18 2009
撮ってきた
blog20090308-1.jpg

HMアップ
blog20090318--3.jpg
やべえモノちゃんかわええ

そういえばもう21周年目なんですよねー 20周年記念HMも見納めだなー

と思っていたら

blog20090308-2.jpg
!?


千葉DC終わっても1ヶ月ぐらい運行してた千葉DCラッピング編成みたいなものか
あれ側面写真撮っておけばよかったと後悔

上総牛久→上総中野

 千葉私鉄
03 /08 2009
小湊鉄道は上総牛久より先、終点まで1つの閉塞という運用形態のため、ここから先は本数がぐっと減ります。また、養老川に沿って丘陵を上っていく形になるので、のどかな田園地帯→房総の山々という変化が感じられるルートでもあります。

blog20090308-1.jpg
牛久の次、上総川間。R297の近くにあります。それ以外は特になし(ぇ

blog20090308-2.jpg
関東の駅100選に選ばれた上総鶴舞。無人ですが記念の入場券を有人駅で買うことができます。買いそびれましたが。
かつては交換施設があったようで、今は使われなくなった線路やホームがそのまま残っています。
ここと似たような駅舎なら小湊にはたくさんありますね。

blog20090308-3.jpg
駅のすぐ近くに梅が咲いていたのでこんなのも撮ってみたりしちゃいました的な何か

blog20090308-4.jpg
上総久保。ド逆光で撃沈。いや、以前夕方に撮ったものがあるのでいいんですが。
大きな木はケヤキかイチョウかそこら

blog20090308-5.jpg
どれが線路でしょう?


上総久保すぐ近くの踏切。路盤が弱いから補強用なんだろうとは思いますが、自転車で通ると振動がモロに伝わってきますw

blog20090308-6.jpg
北風に押されて快調に南下。高滝湖まで到達しました。


blog20090308-7.jpg
さて、次は里見ですね里見。小湊は国道沿いだから間違いない

・・・


高滝通過したお( ^ω^)
ああそういえば信号のある交差点が目印だったなー

blog20090308-8.jpg
続いては桜で有名な飯給。千葉の難読地名に数えられますイタブです。
地名の歴史は古くてヤマトタケルとかその辺の伝説から来てるそうですよ。

月崎に向かう途中、ふと崖の陰になった所を見てみると・・・

!!
blog20090308-9.jpg
素掘りトンネルキタワァ*・゚゚.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。.
国道から月崎駅へ行く途中の道路、わき道にありました。しかもこの先にはまだいくつかあるそうです。実はこの道、飯給から月崎までの最短ルートなので通過を検討していたのですが、コンビニで補給ができなくなるのでやめておいたんですよねぇ。通ってみたい・・・

blog20090308-10.jpg
そんで月崎。使われなくなった反対側のホームには桜並木がありました。のどか。

blog20090308-11.jpg
軽く丘を上り下りして上総大久保。ここまでくれば養老渓谷ももう少し。

blog20090308-12.jpg
@養老渓谷
各駅に「足湯オープン!(エネミーコントロー(ry)」とあったので、若干期待していたのですが、客数が見込めないので今日はやってないんだとか。基本土日限定と見てよさそうですね。

blog20090308-13.jpg
@養老渓谷駅
今日は天気もよく、のどかでした

blog20090308-14.jpg
駅から急坂を下りきると、養老渓谷の旅館街に出ます。ここ、小4ぐらいの時に中央林間学校か何かで来たなぁ

で、ここから降りてきた分を全部上る感じの上り坂
地図で見た感じ70mぐらい上った気がする
で、上総中野までまた下り坂w

blog20090308-15.jpg
終点、上総中野に到着です。横の赤いのが自機
続きはいすみ鉄道を訪れます。2年契約のはずの社長が県知事選出馬とか何事

千葉→上総牛久

 千葉私鉄
03 /03 2009
さーどんどん書いちゃおうね

6:00
自宅発

blog20090303-1.jpg
朝の光に輝く京葉線高架。綺麗だったので一枚。

7:10
五井
小湊鉄道の起点です。車庫なんかがありますが今回はスルー
blog20090303-3.jpg

一駅目、上総村上
blog20090303-2.jpg

blog20090303-4.jpg
沿岸地域の煙突が見える駅だったりもします。

よく難読地名に数えられる海士有木ですが分割してよく考えてみれば読めますね。
ここから上総鶴舞まで線路に平行して走ります。
blog20090303-5.jpg

上総三又。特に何もない
blog20090303-6.jpg

上総山田。特に何(ry
blog20090303-7.jpg

光風台。左奥に見える住宅地が真の光風台。
blog20090303-8.jpg

馬立。特何
資材置き場みたいなのがありました。
blog20090303-9.jpg

上総牛久。多くの列車はこの駅どまりで五井に折り返す。
沿線では栄えている部類に入ります。
blog20090303-10.jpg

続きは上総川間から。

小湊いすみ沿線探訪

 千葉私鉄
03 /02 2009
久々に小湊・いすみの沿線に自転車で行ってきました。いすみに行くのは2007年12月以来、小湊に至っては2007年4月以来となりました。ぜんぜん行ってないじゃん。
2008年は総武本線メインに新京成やネタなどもろもろの愉快な仲間たちが多かったですね。(知るか

というわけで行程。最寄り駅が丸わかりというお得情報もあります(イラネ
blog20090302小湊夷隅統

疲れたのでとりあえずここまで

りゅーてつ!

 千葉私鉄
12 /10 2008
平仮名のアニメタイトルは多すぎる気がする。

本日、休講があって授業が1コマしかないため、午後からは流山線で硬券集めでもしようと思っていましたが、なんとその1コマも休講であるということが判明し、正午前には馬橋に着くという快挙(ぇ

blog20081210-1.jpg
途中小金城址駅にて。

各駅に下りて普通の入場券と、「各駅停車入場券」なるものを購入していく。「各駅停車入場券」は流山と馬橋のものは売切れだそう。駅数が少ないので全駅に降りても14時前には終点の流山に到着。
流山では電化55周年記念入場券を買ってみる。

帰りの流山-馬橋では前面展望もやってみました。
動画編集ソフトを買ったらupしてみようと思います。ちなみに購入の予定は未定

帰りは新京成に乗ってみようということで松戸まで。

あれ?07?いつの間に千代田カラーに・・・

ん?06!06じゃないか!
blog20081210-2.jpg

初乗車でした。
ついでに新京成も初乗車でした。
流鉄の青空のカルダン駆動の音は秀逸です。
も゛も゛ーん も゛も゛も゛も゛ーん

続きはチラ裏

続きを読む

お芋食べろ!

 千葉私鉄
11 /04 2008
秋の味覚といえばサツマイモらしいです。モノレールの中の人曰く。
私はサンマなんですがね

そんで、今年はモノレール創業20周年記念として、車両基地付近で芋掘り大会をやったんだそうです。
しかもHM付の臨時列車の運行付きという素晴らしさ。名称:芋掘り収穫号。
さらにはホームページにダイヤまで載せ、回送スジ・到着番線まで載せるとかもう本当にびっくりした!
スジをメモしておこうと思ったらもうページ変わってて涙目。

blog20081104-1.jpg
千葉みなと~動物公園間で編成とHMをマトモに撮影できる場所といえば恐らく動物公園しか無いので、動物公園の3番線で待機。誰かいるかと思ったら少し予想はしていたけど俺一人。列車到着が近くなって、イベントの運営の人(モノレールの中の人)がcanonの白バズーカ持って登場。撮影者はそれだけの模様。

肝心の参加人数ですが、事前に抽選が必要なほどの応募があったようで、列車から降りてくる人も30人ぐらいいたような感じです。やはり親子連れが多い様子。モノレール祭りと言い、随分とCERO全年齢的な鉄道会社ですね。こうやって存在をアピールすることは悪いことではないでしょう。

blog20081104-2.jpg
HMアップ

この3連休、非常に忙しくてMADにほとんど手を付けられず。気長にお待ちくださることを強制します。

弧光灯

動画作成/写真/鉄道/自然観察/温泉/船/島旅

製作後記一覧

FLASHサイト残骸
化石サイト