孤灯反射炉+露頭直下

ほったらかし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

四国合宿のおもいで1-きたぐに編-

今年もやってまいりました、我が鉄道研究会の夏合宿です。
当会の夏合宿は九州→北海道→四国→九州→(ryと、3年で1週のループを組んでいます。
去年は北海道でしたので、今年は四国です。
会員の殆どが順当な経路を辿らないといういつも通りの方法で集合しました。

それで、私はどうしたかと言うと、きたぐに→自転車。これに限る

別に自転車で行ったから経費が浮くとかそういう目的はあんまりなくて、ただ単にこういうことやってみたかったから
という単純な動機からです。

大阪へ行くため、とりあえず、上越新幹線に乗ります。
東京駅の掲示板
乗車したのは東京駅20時12分発のとき347号。
かなり早いスジのようで、大宮の次は越後湯沢という程。2時間経たずに新潟に着いてしまいました。

200系!
乗車したのはこちら。
もうすでに多くの同僚が廃車や博物館入りを遂げていますが、まだ安心感のあるフォルムは健在です。
大宮とかでしっかり撮っておきたいですね。

定番のきたぐに撮影地
あっという間に新潟です。到着してから15分後ぐらいにきたぐにが入線。
18きっぷシーズンなので撮影者も多めでした。

改札外から
改札外から。

車内の様子
車内の様子。左下の青い袋が輪行袋です。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

だいぼうおんせんのおもいで3

久しぶりの旅行記ですが皆様如何お過ごしでしょうか?
毎日クソ暑い日が続きますが、たまにはクソみたいな3月の記事で涼しさを感じて頂ければと思います。

blog20100730-1.jpg

一晩お世話になった大坊温泉を後にし、弘南鉄道の石川駅に歩いて向かいます。
繰り返しますが、料金もリーズナブルで施設も綺麗。料理も美味しくて非常にいい温泉でした。
風評被害とかいい加減(ry

2月の北陸修行の時にブーツがあれば快適と学習したので、今回はブーツ装備です。
おかげで雪や水は全く靴に入ってこないのですが、若干歩行速度が遅くなるというデメリットも。
そんな訳でかなりのんびりと歩きながら石川駅を目指しました。

blog20100730-2.jpg

途中、大坊十文字、大坊小学校など何故かにやけそうなバス停を通りながらのんびりと歩きます。

blog20100730-3.jpg

歩いていて思ったのですが、この辺の地域は殆どの家に蔵があるっぽいです。
どういった訳か分かりませんが、多いです。

で、到着したのは石川駅の近くにある大仏公園
ちょっとした撮影スポットらしく、ここであけぼのを待ちました。
日本海は宿を出たのが遅かった関係で撮影できず。

blog20100730-4.jpg

さて石川駅に向かいますよ。

blog20100730-5.jpg

こんばんわー!

駅には有名な例の「ふざけていると最悪の場合死にます」の看板が。

で、踏切が鳴って電車が来ました。

blog20100730-6.jpg

やあ、随分とSLチックな電車だねぇ。どこから乗るのかな・・・


じゃなくて、弘南の雪かき列車、キ100がやってきました。
年15回ほどしか動かないそうなので、いいものを見たなという感じです。

とりあえずここから大鰐温泉へと向かいます。

PageTop

スカイライナー乗車記

今話題のスカイライナーに乗ってきました。
折角の新鮮なネタだったのに書くのに時間がかかりそうだったから放置してました。
ササッと書いちゃおうねぇ


blog20100719-1.jpg
旅の始まりは上野駅からです。JRのしのばず改札から徒歩1分、京成上野駅の入り口です。
ちょうどレトロな感じのバスも来ました。


blog20100719-2.jpg
乗るのはこのAE100形!JRの新車導入に対抗、また旧AE形のサービス向上として導入された車両です!
前面の傾斜は50度。ライトは鉄道車両では珍しいリトラクタブル式ライトを使用しています。
どうやら発車の直前に開くようです。

blog20100719-3.jpg
車内はこんな感じ。従来の茶色のモケットを青色のものに交換したほか、空気清浄機を後から取り付けています。

さていよいよ成田空港へ向けて動き出します。51分の旅の始まりです。


blog20100719-4.jpg
博物館動物園駅を通り抜け、工事中の日暮里駅へ入る大カーブ。編成が綺麗に見えます。

スカイライナーは都市部を抜け、郊外の住宅街を抜け、印旛沼周辺の谷津や川、丘陵を抜けて成田空港へ!


blog20100719-6.jpg
着きました。成田空港駅です



・・・・何か薄暗いですねぇ・・・・・・・



blog20100719-5.jpg
Welcome to japanの看板も写真を撮ったら呪われそうです・・・

blog20100719-7.jpg
実はここから空港へは距離があって、左側の通路を抜けて800mぐらい進むか、

blog20100719-8.jpg
無料のアクセスバスに乗ることで成田空港へ行くことができます。
バスもやっぱり空港向けで荷物スペースがかなり大きかったりと独自の設計となってました。

こうしてようやく成田空港へたどり着くことができました。
成田空港アクセス対決では京成は不利な立場に置かれているのではないかなぁ、と思った乗車記でした。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んなわけねーだろぉえ!!!

ドウモスミマセンデシタ
すでにお分かりかと思いますが、これは去年9月の乗車記+旧成田空港駅は1991年で東成田となっていますので、全くの嘘っぱちで構成されています。

まあ実際に新スカイライナーは乗ってきましたので、その様子でも。
PageTop

きたぐにのおはなし

6/12に記事を書いたのですが、写真を用意して適当に記事を書くだけでもかなり時間を取られそうだったので、今日も追記して完成させましたとさ。



何でまた突然こんな記事を書いたのかって、ちょうど今日がきたぐにオフから一年だったからです。
それで、また放っておくと「この記事は一ヶ月以上更新の無い(ry」なんてものが出てくるので、それの阻止のためでもあります。

一年前の旅行がどんなものだったかと言うと、
とりあえずきたぐに乗りたいから乗るぞ!」というコンセプトの下、それに400系つばさのグリーンだの途中下車作者の皆様とのオフだの関西本線修行だのをくっつけて一筆書きする経路で行った旅行です。

で、去年の記事はちょうどきたぐにに乗る前で気力が失せた関係で打ち止めとなっていたのですが、この記事は読者の皆様の期待に応えた後編ということになります。

とりあえずは新潟の蕎麦屋です。改札を出て徒歩1分。値段の割りに美味しいので軽食におすすめできます。
弊店10時半でその数分前に駆け込み。駆け込みオーダーはおやめ下さい。

blog20100612-1.jpg

その後は待望のきたぐに充です。

まずは外観を一両ずつ撮影しながら最後尾へ。
blog20100612-2.jpg

で、最後尾。構図が糞なのは許せ。

そこからホームを移動して今度は車内を撮影。
blog20100612-9.jpg

グリーン車。天井の高さが際立ちますね。

blog20100612-3.jpg

C寝台。元祖、419でも体験できる幅広シートです。
放送の録音は、まあ無理でしょう。

blog20100612-5.jpg

みんな大好き三段式B寝台。今回のお宿はパンタ下中段です。

blog20100612-4.jpg

途中下車作者的に気になるスピーカーの位置ですが、パンタ下の部分は通路の真ん中に。それ以外は奇数側の一番上にあるっぽいです。
blog20100612-8.jpg

修行者向けの中段。いつかは乗ってみたいものです。
blog20100612-7.jpg

そんな訳で最前部に。車内探検も終了です。
見た感じ、満員でもなく、ガラガラでもなく、程々に乗っているような感じでした。
特に何でもない6月の平日のことですから、まあマシな方なんではないかと。
blog20100612-6.jpg

この記事を書くために写真を見直していたんですが、まあ腕の悪いこと
全体的に焦点が定まってないものが多いし、それにもまして手振れ写真の多いこと多いこと。
今度はちゃんとマニュアルでシャッタースピードを確保できるような設定にしておかなければなりませんな。
PageTop

桜と113系の写真


blog20100413-7.jpg
いきなりピンボケした写真を持ってくるとはたまげたなぁ

もう、ドン引きですよね。

四街道の近くに桜並木があるのですが、そこでどうにかして桜と絡めて写真を撮れないかと思案したのですが、これがなかなか難しく、このようなよく分からない写真を量産することとなりました。
特にこの写真を撮ったのがこの桜の場所から150mぐらい離れた踏み切りでして、MFの300mmレンズを手持ちという過酷な条件で撮影したものですからご覧のように構図は不安定でトリミングする羽目になるわ変なものは映りこむわピントはボケるわで散々です。
おまけに肝心の桜も散り始めていて発色は悪いし電柱などの障害物は多いわでえらいことです。
blog20100413-5.jpg

別の日には都賀ー東千葉の高品の辺りに行ってみたのですが、素人にはなかなか難しい場所でした。
blog20100413-1.jpg
まずはそれなりに撮れそうな場所を見つけて一枚。車両は順光だったけど桜が影に・・・

blog20100413-2.jpg
続いて桜を全面的に取り入れてみる

blog20100413-6.jpg

blog20100413-4.jpg
最後はこんな感じで撮ってみましたが桜が目立ちませんねぇ・・・

桜と113系を撮れるのも今年限りな気がしますが、相変わらず腕の悪さを嘆く結果となってしまいました。
今日の雨で桜も終わりですかね

PageTop

だいぼうおんせんのおもいで2

3月末にカメラがぶっ壊れて、修理に出してようやく帰ってきました。ようやくと言っても1週間経ってないんですけどねw
落っことした時の衝撃が強烈だったようで、多くのの部分が新品となって帰ってきました。それでも修理額は一定料金だそうで、かなり助かりました。まあそんなところでクソつまんねえ旅行記の続きです。

そんで参加者が全員集合した後は食料と宴会のドリンクを調達にイトーヨーカドーに行き、弘南鉄道です!
初履修となります。これで館田(たちた)なる駅まで向かいます。
ワンマンカーなのでそれ用の設備がいろいろとあるのですが、これ↓
s-blog20100407-1.jpg
National

モロに家電ですねw

車内では宴会に供するためのドリンクをスーパーの袋に入れたまま持ち込んだので、高校生にプギャーされるなどの楽しいイベントもあり、列車は無事に館田に到着。

s-blog20100407-2.jpg
おお・・・

駅に到着したのは6時前となり、ここから南へ2kmの大坊温泉まで徒歩で移動・・・
雪の無い平地なら2kmぐらい屁でもありませんが、ここは雪国。路面は解けかかった雪でぐしょぐしょだし、辺りもかなり暗くなって来ている・・・

メンバーを重い雰囲気が覆い始めたその時!

s-blog20100407-3.jpg
バス停!

1日に3本しかない本数の最後の一本が5分ぐらいで来るようです。
しかもこれ、しっかりと大坊温泉にも止まることも判明。一同バスを待つことに。


が、来ない。


「田舎のバスが定時に来る訳ないよねー(*´・∀・)(・∀・`*)ネー」
なんて話をしながら、通過時刻を過ぎて5分後ぐらい・・・


キタ!


三菱のROSAでした。おまけに乗車率は座席が半分埋まるほどと結構乗っている。


まあ乗れないことは無いのでそのまま乗り、いよいよ目的地が近づく。


s-blog20100407-4.jpg


そして・・・

s-blog20100407-5.jpg
!!!

さあとくとご覧下さいこの艶かしく光り輝く大坊の文字を!


写真でしか見たことのない大坊温泉を目の前にして、一同何故か大爆笑(ry

その後はのんびりと宴会したり集合写真をバルブしたりして過ごしました。
真冬の夜でしたが特に変な夢も見ることはありませんでしたとさ

s-blog20100407-6.jpg
新館。正面写真の左側に当たる建物。

blog20100407-8.jpg
大浴場のある本館は少し昭和の香りがする。

PageTop

だいぼうおんせんのおもいで

私はとある大学の鉄道研究会に所属しているのですが、そこでは今、某野球選手や某塗料屋の方が活躍する某ビデオ(ニコニコでも視聴できます)が何故か大流行しています。そのビデオの登場人物の中に、「大坊」という方がいるのですが、「名前が同じだから」という安直な理由から、毎春恒例の旅行分科会の目的地が青森県の大坊温泉に決まり、3月の中旬に合宿がありました。
そんなどうでもいい旅行記です。ご期待下さい。

3/10
EXP-HYT
旅の始まりは上野駅からです。
はやての指定券が東京からよりも200円安いというのが決め手でした。

日本の技術の粋を集めた新幹線。早いです。
もう盛岡に着いてしまいました(ぇ

blog20100328-1.jpg
カラフルね

盛岡を出るとあっという間に終点の八戸に着いてしまいました。
もうすぐここも終点でなくなりますね


- はちのへ -

blog20100328-2.jpg
ほうほう・・・

blog20100328-3.jpg
ふむふむ・・・



「東北地方なんだから雪にはめちゃんこ強いだろう」という認識ではありましたが、流石に強烈だったようで、ポイントが凍り付いてしまったようです。そのため、乗車予定のつがる7号がなかなか発車できず、ようやく八戸を出発したのは予定よりも50分後となりました。
とにかくホームまで余裕で雪が降りこんで来るし、なにやら寒さもおかしいんですね。もう肌が露出してる部分が急速冷凍されるような感じで、即座に装備の帽子を被りました。
でも寒さに弱い関東人を尻目に、現地の高校生と思しき男子学生はスニーカー履いてるし、服装も東京で一般的に見られるような服装をしていたりしました。どう見たって寒いだろうよ。

で、つがる7号は三沢、野辺地に臨時停車した後、青森に。
blog20100328-4.jpg
ほうほう・・・

この辺りの光景はカメリア60号さんの動画でよく見ていたので、耐性が少しはあったりしますw

↑これの最後の方とか。雪に埋もれてる機関車とかの画像を見てればこれくらい大したこと無いって思えちゃうというね。

そんで、ダイヤも乱れているようなので青森で途中下車する予定だったのを変更し、弘前までつがる7号で行くことに。
ようやく正常な停車駅となり、自動放送も復活しました。
ただ録音は失敗してかなりボロボロでした

blog20100328-5.jpg
青森で座席転換する派=しない派
同数だったのが面白いw


ひろさき ひろさき ごじょうしゃありがとうございました(棒読み
blog20100328-6.jpg

新天地新開地、弘前です。
行ったことない土地ってのは何かワクワクしますねぇ

折角なので動画撮ったり放送を録音したりした後、改札外へ。津軽フリーパスを購入しました。
集合まで時間があるので、中央弘前の駅でも行ってみようと思い、とりあえず地図も無く記憶だけで歩き始める。。。

「確か大通りを真っ直ぐ行った方向にあったな・・・ まあ、いいか」(股尾前科風に
   ↓
^q^ あんないが きえました

まあいつも通りの重い荷物を持って長距離をさまよう修行をした訳です。
ただそのまま引き返すのも面白くないので、適当な大通りを南下してみることに←死亡フラグ
これも500mほど行ってみるも駅前に出る感じがしないし、T字路に突き当たったのでJR弘前のほうに行ってみる・・・


すると


blog20100328-9.jpg
!!

案の定ではありますが、駅を囲むように歩いていた模様。

特に電車に乗る訳でもないのでこれで満足し、適当に周囲を見てみると撮影できそうな場所を発見。
ここで20分ほど待って電車が来るのを待つ。

blog20100328-10.jpg
kt


これにて大満足し、集合場所の弘前駅に戻ったのでありました。

さまよっている間にはこんなものも見つけました。

blog20100328-7.jpg
100円か・・・ いいね!
blog20100328-8.jpg
郷土資料館のようなもの

PageTop

北陸修行6+おおさか

「記事の写真を増やして早くこのクソつまんねえ旅行記を終わらせろ」という苦情が殺到して集団訴訟にまで発展しそうだったので、急遽連投、お許しください!

そして、夜が明けたのである。

blog20100322-1.jpg
\ドオーン/(SE)

blog20100322-2.jpg
(ry

この日夜行はちょっと遅れていたみたいで、能登が先に金沢に到着しました。
慌てて能登を追いかけてホームを移動した人がいましたが、その数分後に北陸も到着。
ドバーッと乗客が先頭のほうに押しかけてきて脱出不能になるという事態。

\キャーショクパンサーン/
blog20100322-3.jpg

その後は野々市でちょっと撮り鉄。
今話題沸騰で各種メディアから総叩きの撮り鉄でございます。危険な行為はしてませんからね!

blog20100322-5.jpg
後ピンでも輪郭強調して縮小すれば誤魔化せんだろwwww

無理でした(^q^)

それでもこの形式を載せたのは好きだからです。種車は113系ですし。R窓ですし。

blog20100322-4.jpg
あらなにこれかわいい

blog20100322-6.jpg
415よ、またおm(ry
いや、お前もかw
どうやらこの日初運転だったそうで、足回りとか生意気にも物凄い綺麗になっちゃってるんですこと。
何か目に悪いですねぇ・・・

この後は雷鳥で大阪に向かいます。
デカ目は来ませんでした。残念
PageTop

北陸修行5

早く終わらせろよ。おう早くしろよ

という訳で、金沢に舞い戻ってきました。

blog20100321-1.jpg
この光景ももう少しで青と赤の総警戒色となってしまうのですね・・・
PageTop

北陸修行4

また記事のネタが積もったりするんですよねぇ
今回は結構どうでもいい回だったりする。

blog20010314-1.jpg
いや、万葉線がどうでもいいとか言ったら失礼かw
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。