孤灯反射炉+露頭直下

ほったらかし

四国合宿のおもいで1-きたぐに編-

今年もやってまいりました、我が鉄道研究会の夏合宿です。
当会の夏合宿は九州→北海道→四国→九州→(ryと、3年で1週のループを組んでいます。
去年は北海道でしたので、今年は四国です。
会員の殆どが順当な経路を辿らないといういつも通りの方法で集合しました。

それで、私はどうしたかと言うと、きたぐに→自転車。これに限る

別に自転車で行ったから経費が浮くとかそういう目的はあんまりなくて、ただ単にこういうことやってみたかったから
という単純な動機からです。

大阪へ行くため、とりあえず、上越新幹線に乗ります。
東京駅の掲示板
乗車したのは東京駅20時12分発のとき347号。
かなり早いスジのようで、大宮の次は越後湯沢という程。2時間経たずに新潟に着いてしまいました。

200系!
乗車したのはこちら。
もうすでに多くの同僚が廃車や博物館入りを遂げていますが、まだ安心感のあるフォルムは健在です。
大宮とかでしっかり撮っておきたいですね。

定番のきたぐに撮影地
あっという間に新潟です。到着してから15分後ぐらいにきたぐにが入線。
18きっぷシーズンなので撮影者も多めでした。

改札外から
改札外から。

車内の様子
車内の様子。左下の青い袋が輪行袋です。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

きたぐにのおはなし

6/12に記事を書いたのですが、写真を用意して適当に記事を書くだけでもかなり時間を取られそうだったので、今日も追記して完成させましたとさ。



何でまた突然こんな記事を書いたのかって、ちょうど今日がきたぐにオフから一年だったからです。
それで、また放っておくと「この記事は一ヶ月以上更新の無い(ry」なんてものが出てくるので、それの阻止のためでもあります。

一年前の旅行がどんなものだったかと言うと、
とりあえずきたぐに乗りたいから乗るぞ!」というコンセプトの下、それに400系つばさのグリーンだの途中下車作者の皆様とのオフだの関西本線修行だのをくっつけて一筆書きする経路で行った旅行です。

で、去年の記事はちょうどきたぐにに乗る前で気力が失せた関係で打ち止めとなっていたのですが、この記事は読者の皆様の期待に応えた後編ということになります。

とりあえずは新潟の蕎麦屋です。改札を出て徒歩1分。値段の割りに美味しいので軽食におすすめできます。
弊店10時半でその数分前に駆け込み。駆け込みオーダーはおやめ下さい。

blog20100612-1.jpg

その後は待望のきたぐに充です。

まずは外観を一両ずつ撮影しながら最後尾へ。
blog20100612-2.jpg

で、最後尾。構図が糞なのは許せ。

そこからホームを移動して今度は車内を撮影。
blog20100612-9.jpg

グリーン車。天井の高さが際立ちますね。

blog20100612-3.jpg

C寝台。元祖、419でも体験できる幅広シートです。
放送の録音は、まあ無理でしょう。

blog20100612-5.jpg

みんな大好き三段式B寝台。今回のお宿はパンタ下中段です。

blog20100612-4.jpg

途中下車作者的に気になるスピーカーの位置ですが、パンタ下の部分は通路の真ん中に。それ以外は奇数側の一番上にあるっぽいです。
blog20100612-8.jpg

修行者向けの中段。いつかは乗ってみたいものです。
blog20100612-7.jpg

そんな訳で最前部に。車内探検も終了です。
見た感じ、満員でもなく、ガラガラでもなく、程々に乗っているような感じでした。
特に何でもない6月の平日のことですから、まあマシな方なんではないかと。
blog20100612-6.jpg

この記事を書くために写真を見直していたんですが、まあ腕の悪いこと
全体的に焦点が定まってないものが多いし、それにもまして手振れ写真の多いこと多いこと。
今度はちゃんとマニュアルでシャッタースピードを確保できるような設定にしておかなければなりませんな。
PageTop

北陸修行6+おおさか

「記事の写真を増やして早くこのクソつまんねえ旅行記を終わらせろ」という苦情が殺到して集団訴訟にまで発展しそうだったので、急遽連投、お許しください!

そして、夜が明けたのである。

blog20100322-1.jpg
\ドオーン/(SE)

blog20100322-2.jpg
(ry

この日夜行はちょっと遅れていたみたいで、能登が先に金沢に到着しました。
慌てて能登を追いかけてホームを移動した人がいましたが、その数分後に北陸も到着。
ドバーッと乗客が先頭のほうに押しかけてきて脱出不能になるという事態。

\キャーショクパンサーン/
blog20100322-3.jpg

その後は野々市でちょっと撮り鉄。
今話題沸騰で各種メディアから総叩きの撮り鉄でございます。危険な行為はしてませんからね!

blog20100322-5.jpg
後ピンでも輪郭強調して縮小すれば誤魔化せんだろwwww

無理でした(^q^)

それでもこの形式を載せたのは好きだからです。種車は113系ですし。R窓ですし。

blog20100322-4.jpg
あらなにこれかわいい

blog20100322-6.jpg
415よ、またおm(ry
いや、お前もかw
どうやらこの日初運転だったそうで、足回りとか生意気にも物凄い綺麗になっちゃってるんですこと。
何か目に悪いですねぇ・・・

この後は雷鳥で大阪に向かいます。
デカ目は来ませんでした。残念
PageTop

北陸修行5

早く終わらせろよ。おう早くしろよ

という訳で、金沢に舞い戻ってきました。

blog20100321-1.jpg
この光景ももう少しで青と赤の総警戒色となってしまうのですね・・・
PageTop

北陸修行4

また記事のネタが積もったりするんですよねぇ
今回は結構どうでもいい回だったりする。

blog20010314-1.jpg
いや、万葉線がどうでもいいとか言ったら失礼かw
PageTop

北陸修行3

「北陸地域」カテゴリも作ったので、これで遠慮気兼ねなく北陸の記事も書けますね(ぇ

そうそう、書き忘れてましたが、今回の修行で乗った北陸には実はリンク先の某ブログの管理人さんも乗車しておられて、途中の糸魚川まで同じ経路でした。なかなかこんなことは出来ないものでしょうし、いい旅の思い出となりました。

で、加賀笠間での撮影で靴がかなり浸水してすでに気が滅入っていた私は富山へと向かったのでありました。

加賀笠間南口の待合室にはこんな座席が並んでました。489のでしょうか。
ただ結構汚れていてあんまり座る気にはなりませんw
blog20100338-1.jpg

下り列車を待っている間に食パンマン様がやってきました。
この形式もブルーマンになるんでしょうか
blog20100338-2.jpg

そんな訳で、富山にやってきたのだ。
さて、何をしましょうか・・・
blog20100338-3.jpg


blog20100338-4.jpg
(ry


blog20100338-7.jpg
今回はフリーきっぷが無いので、迂闊に改札外に出ると再入場など出来ませんので、一通り面白そうな光景など無いか探してから改札を出ました。
某作品でも富山駅4・5番線の光景を出しましたが、ここはよく編成が並んでいるので撮影にはいい場所かもしれません。

で、改札外。
blog20100338-5.jpg
新交通機関、セントラムに乗車・・・!

と行きたいところですが、疲労度と気力がすでに100%近くなっていたため見送ることに。
国際会議場とか行ってみたかったのですが、「まあ夏でもいいか」ということで万葉線に乗ることにしました。
この理論も良くわからないですね。

blog20100338-6.jpg
あ、でもこの古そうな車両は撮っておきましたよ。

気が向いたら続く(ry

PageTop

さよなら北陸・北陸遠征2

今まで幾度となく北陸遠征の記事を書いてきましたが、完結したことは一度もありません(キリッ
いや、2009年1月の遠征は完結したっけかな?

まあ、いいとして。

blog20100301-2.jpg
北陸の車窓からはEF81が盛大に巻き上げる雪煙が見られましたが、能登にも雪が。


blog20100301-1.jpg
金沢に着いて一番最初に出迎えてくれたのは、JR西のローカル地区を救うべく颯爽と現れた6色の戦士の一人、北陸ブルーでした。
個人的にはブルーマンって呼びたいところなんですけどねw


blog20100301-3.jpg
しばらく時間をおいて、能登の回送を見送りました。

さて、この後は何をしましょうか・・・・



blog20100301-4.jpg


白山そばの「白えび天そば」です。500円ぐらいでいいお値段しますが、人気商品だそうで、10月に行ったときは18時ぐらいの時点で売り切れでした。
朝食代わりに頂いて、その後はとりあえず撮り鉄に加賀笠間へ向かいました。

blog20100301-5.jpg
kgksm

blog20100301-6.jpg
この場所で構図取りに悩みながらこんな写真を量産して喜んでいました。
トワイライトと雷鳥を撮って次は富山に。

気が向いたら続く(マタカ

PageTop

さよなら北陸

blog20100221-1.jpg
去年の夏なんかは「こんだけ乗車率高いんだから廃止になる訳ねーだろJKwwww」とか思っていたのに、なんとまあ12月に電撃引退宣言がなされてしまい、結構ショックを受けていました。
そんな訳で、せめて最後のお名残乗車。そして、実はまだ乗ったことのない北陸下りの初乗車ということにして、北陸に乗ってきました。
車内の撮影なんかはもうほとんど以前にやってしまってましたので、適当に車窓を眺めてぬれせんをいただく的なことをしていたらもう金沢に着いてしましました(ぇ

blog20100221-2.jpg
思えばこいつらも荷物が重くなる原因だった・・・

blog20100221-3.jpg
ソロの車内1

blog20100221-4.jpg
反対側~

金沢に着きました。
blog20100221-5.jpg
うわぁ…

そして、やっておきたいことがあったので私は反対側のホームに。

blog20100221-6.jpg
能登の入線を動画に収めて置きたかったのです。
というのも途中下車シリーズでは能登MADが結構流行っているようなので、素材に活用出来るかな~といった動機によるものですw
北陸到着から3分後の到着なので、北陸の先頭撮影組には混じらずにそそくさと反対側に行ったのですが、それでも機材を準備している時にはもう接近の放送、「まもなく 3番乗り場に 金沢どまりの 急行 能登号 が 到着します」と流れるような感じに。
そしてビデオ構えていると慌ててホームに駆け込んでくるカメラ持ちの方の数々。
走ったって能登は逃げませんのに…
2番乗り場でやった方が良かったかなーと思ったけどもう時すでに遅し。
まあこの時にしてはよく撮れた方なのかなーと思いますので、後でupしようかと思います。

こんな感じで、2日間の修行が幕開けたのでありました。

カカッと書いたので乱文はお許し下さいませ

PageTop

深夜・金沢駅

言わずと知れた特急街道・北陸本線ですが、夜間はまた夜行街道として数多くの夜行列車が走っています。
北陸地域の中枢駅である金沢駅には定期運行されるすべての夜行が止まり、じっくりと撮影を楽しむことができるものもあります。
北陸旅行のついでに、写真に収めてみてはいかがでしょうか。


21:29 4001レ 日本海 7番線に入線
blog20091101-1.jpg
北陸夜行の花形、日本海がトップバッター。停車時間が少なく、綺麗にバルブできる場所ではありませんが、記録する価値はあるでしょう。程なく、夜の闇に消えていきます。

21:31 日本海 発車

21:50(ぐらい 3002レ 北陸 6番入線
入線の時間はよくわかりませんが、機関車の付け替えをした後に乗車開始となるため、駅のホームは排気ガス臭くなりますw また、屋根付きの橋上駅舎のため非常に空気が篭りやすく構内は楽しいことになります

blog20091101-2.jpg
乗車開始後。回送の681系と並ぶシーン。


blog20091101-3.jpg
やがて回送が発車し、編成が綺麗に撮れる状態に。
キラッ☆とするフィルターをつけて撮影してみる

blog20091101-4.jpg
22時を回り、共に上野を目指す能登が入線。金沢22時代の役者が出揃った。

blog20091101-6.jpg
22:07から12分までの間、7番線にはサンダーバードが。北陸特急のバリエーションを感じさせる光景が広がる。



22:15 602M  急行 能登 発車
22:18 3002レ 特急 北陸 発車


矢継ぎ早に列車が発車していき、また構内には静寂が訪れる・・・


2時間後、富山発の最終が到着すると駅は完全に寝静まり、時たま通過する日本海縦貫線を往来する貨物列車がその静寂を破るだけとなる。

終電間際、列車が無くなると電光掲示板もようやく休まる・・・
blog20091101-7.jpg
・・・!?


2:50頃 金沢駅の改札が開始。一番列車、きたぐにの到着が近づく。

blog20091101-14.jpg
電光掲示板も表示を一新。新しい一日が始まる。



3:06 ブロアーの音を響かせながら2番線にきたぐにが入線。blog20091101-9.jpg
5分間の停車の後、急ぎ大阪を目指す。

ちょうど入れ替わりに5番線には下りきたぐに 501Mが入線。3:47の発車まで30分以上停車する。バルブ撮影などにはもってこいだ。
もっとも、時刻は深夜3時。起きられればの話になるが。

blog20091101-10.jpg
最後の定期運用583系。日本の鉄道史に輝く形式は今なお多くの魅力を放っている。



blog20091101-11.jpg
ちょっとアングルを変えて撮ってみたりもする。

3:47 501M 急行 きたぐに 発車

きたぐにが発車し、次の始発まで1時間ほど。構内はまた静寂に包まれる・・・ 


そして夜が明け、町が朝の活気に包まれる頃、夜行がまた金沢に帰って来る。

6:16 4002レ 日本海
blog20091101-17.jpg

6:26 3001レ 北陸
blog20091101-18.jpg

6:29 601M 能登
blog20091101-19.jpg

まさに「夜行街道!」と呼ぶにふさわしい間隔で夜行が到着する。東海道の夜行すら激減するご時勢、このような光景はにわかには信じがたいほどだ。

もし夜行に興味があり、いや、鉄道に興味があり、まだ北陸に行かれたことの無い方はぜひ一度行っていただきこの光景を見てもらいたいものである。ブルートレインの風格・国鉄特急の迫力・・・ きっと感動されることであろう。
いつまでも・・・とは行かないだろうが、この光景が末永く続くことを祈るばかりである。

拙文ではありましたが、ご覧いただきましてありがとうございました。

PageTop

北陸遠征ぱーと1

何故か今回は記事を書こうかと。8月のときは書かなかったのにどういうことなの・・・

それで、越後湯沢にてS64と101を見送った後、はくたか18号に乗車。金沢を目指します。
今回がはくたか初乗車、またほくほく線初乗車となりました。
でも日が落ちてきてトンネルばっかりだったので景色はほとんど楽しめませんでした;;

blog20091030-1.jpg
681・683のロゴはなかなかよくできてると思う



そんなわけで、金沢にやってきたのだ



が、すでに19時を回り、今からどこへ行こうというのか。



という訳で、富山市電を乗りつぶすことに(どういうことなの

blog20091030-2.jpg
全区間この車両に乗りましたが、何やら屋根に広告を大量に乗せた花電車みたいなのも動いてました



その後は富山に戻る。
橋上化で消えてしまう今のホームも写真に収めておきます。
blog20091030-4.jpg
(手ブレは許せ)



blog20091030-3.jpg
419も逃さず撮影。521が金サワに配置されるようで、今後の動向に目が離せない状況になっています。


そしてやってきたスーパー夜行タイム。何故か日本海を撮っていませんでした。
いや、しかしここまで多くの夜行が残っているのは奇跡に近いですね。
blog20091030-5.jpg
blog20091030-6.jpg

そんな訳で、23時半ごろに最終はくたかに乗って仮眠場所である金沢駅の待合室に行ったのでありました。

PageTop