孤灯反射炉+露頭直下

ほったらかし

博物館レポート 塩竈神社博物館

塩竈神社博物館 塩釜市一森山1番1号 

塩竈神社博物館は塩竈神社のそばに隣接していて、同神社に奉納された宝物のほか、2階は製塩に関する展示を行っている。
1階の展示室 には国指定重文の太刀などが10点近く展示されており、最も目を引くものとなっている。また、絵画数点も展示があり、遠い昔の塩竈の様子を伝える貴重な資料である。
2階の様子はうって変わり、昭和50年代に作られた郷土資料館のような雰囲気が漂っている。
製塩に関する資料と塩田のジオラマがあるが、かなりくたびれた感じになっている。
漁労関係の資料も若干あるが、奥の方でダンボールといっしょくたになっているのが残念である。

1階がかなりきらびやかであるので、是非2階も気合いを入れていただきたいものである。

スポンサーサイト

PageTop

博物館レポート 小美玉市 小川資料館

茨城県小美玉市の小川資料館に行ってきた。
かつてここは鹿島鉄道の常陸小川駅があった街であるが、鉄道の廃線とともに鉄道のない街となってしまった。

小川資料館ページhttp://www.city.omitama.lg.jp/241.html

さて、小川資料館のある小川地域であるが、かつては小川町という町であった。
それが2006年に合併し、現在は小美玉市となっている。

意外にも、納豆の有名メーカーであるタカノフーズはこの小川町に本社がある。
その辺の展示はどうなっているかというのも見たいところであるがさてさて。

DSC_0584.jpg

建物は公民館の裏手、図書館と併設で2階が資料館となっている。

建物自体新しく、綺麗な施設で、地域の歴史が満遍なく紹介されている。
ご当地的な資料は、小川河岸のジオラマ・江戸時代の医学者本間玄調・巨大なケンポナシの根など。
ゆっくり見て1時間ぐらい。

【小川河岸について】

小川の河岸については、現在もその場所がわかるとのことなので、現地に行ってみた。
どうも、この場所がかつての河岸があったところで、案内の看板が立っている。


大きな地図で見る
地図中縦横に建物の無いエリアがあるが、ここがかつての川で、今は暗渠となっている。

DSC_0614.jpg

左側の軽トラの後方に案内の看板があるくらいで、面影はない。

その他詳しい情報はこの辺りを参照されたい。

霞ケ浦から江戸へ 水戸藩水運の拠点


空港や納豆工場などがあるエリアなので、その辺りの展示も欲しかったが、特にこれといった展示は無かったのが残念なところ。
市街地には古い建物が多いので、文化財的建物をピックアップして紹介などもやっていただきたいところです。


PageTop

市原市田淵の古地磁気反転期の地層

皆様、本年もよろしくお願いいたします(懇願)。

さて、たまには地学的なことを、ということで、市原市田淵の路頭に行ってまいりました。
この場所、調べるとすぐに出てきますが、「地球磁場逆転期の地層」というものがあります。

見た目は何の変哲もないただの川沿いの崖なのですが、ここに面白い現象が記録されているというのです。

地球は磁気を帯びていて、そのために方位磁石は北を指します。
この磁気が現在とは間逆だった磁気が過去にあります。
地球の磁気は過去、幾度となく逆転を繰り返してきました。

逆転の記録のうち、最近のものは地層中に多く保存されています。
その代表的なものは、海嶺を中心として左右対象に正極期(現在と同じ)と逆極期が記録されているものです。
こういうものを地学図表などで見たことはないでしょうか。↓
                    ||||中央海嶺||||

わかりづらいですね。
いちおう、中央海嶺を軸として、左右対称に広がっている古地磁気の記録をイメージしました。

さて、その古地磁気を記録した地層が海底だけでなく、地上にもあります。
ひとつはイタリアに、もうひとつは市原市の田淵にあります。

市原市田淵といえば・・・
地図
田淵

養老川沿いにできた平地に広がる田園風景… そして養老渓谷に向けて徐々に山がせり出してくるような千葉によくある光景しか浮かび上がってきませんが果たして・・・・

さて、アクセスは県道81号線を南下し、月崎駅付近の養老川に架かる「境橋」を過ぎ、ヤマザキショップ(現在は閉店)そばの細い道を「田淵会館」の方に進むとそこが入り口です。駐車スペースは田淵会館にあります。
列車を使う場合は月崎駅を下車し、県道81号線を目指して歩きます。

田淵会館脇の小道を入る
小道の入り口。案内の看板もあります。奥が田淵会館です。

どんどん川原に向けて下っていく
細い道を川原に向けて下っていきます。イノシシが出てくるかもしれないので気をつけて下さい。

川原
川原に出ました。路頭はすぐ近くです。

さて、もうすぐに路頭とご対面です。
高まる期待…



さて、





路頭


これ!!




・・・?


これです。正真正銘。

そもそも、国本層は第四期の地層。しかも川岸となれば層理面も不明瞭になってもう訳がわかりません。

それでも、ここには古地磁気逆転の記録が残されているというのです。

アップで。

路頭アップ

上から垂れるツララが市原の冷え込みを物語っています。
それにしても、ローインパクト。
期待した通りですが。

ちなみに、赤のタグが逆極期、緑が正極期、黄色が不安定だった時期だそうです。




この場所、今流行のパワースポットとしても紹介されてしまっているそうです。
どうでしょう、パワー、感じますか?

川とかは綺麗なので、ちょっとした癒しを求めに行くのにはいいかもしれません。
夏~秋は蚊が多そうなのでやめた方がいいかもしれませんね。

PageTop

初夏・東京湾より


6月始め、木更津市の牛込海岸に潮干狩りに行ってみました。
何でも、放射能だかの風評被害でかなり客足が遠のいてしまい、例年の1割という驚異的な客の入り方であるとの記事を新聞で見かけました。

潮干狩りといえば、例年、海岸にはうじゃうじゃと人がたかってあっちこっちを掘削する写真を多く見るので、のんびりやるには適しているかと思い、数人連れ立って牛込海岸に向かいました。

blog20110608-1.jpg
人のいない方面はこんな感じ。反対側にはもっと大勢いましたが、間隔も結構あいていて、のんびりした感じでした。

blog20110608-4.jpg
第一掘り目でヒットしたエビ。つままれて写真を撮られるまくるという酷い扱いを受けていた。

blog20110608-5.jpg
ゴカイ類のほか、こんなわけがわからないものもヒットしてしまう。

blog20110608-3.jpg
ガザミ。この干潟では結構大きめの種類に入るようだ。必死の抵抗むなしく写真を撮られまくる。

blog20110608-2.jpg
最も謎だったヒラムシの仲間。調べても名前が出てこないし、どういう構造なのかも極めて謎で不快。


東京湾でもいろんな生物がいることを再確認し、干潟が生物の楽園であるということも理解することができた日であった。
ただ、ホソウミニナやアラムシロなどの貝たちにはえらい迷惑をかけたなぁーと同時に思うのでした。
毎年、大量の霊長類が干潟を掘削するわ踏まれそうになるわ、いい迷惑でしょうなあ。


おまけ
blog20110608-6.jpg
113系最後の夏です。



PageTop

産地近況-市原市瀬又の堰

東北から関東にかけては大震災で、もうそれどころではないですが、生存報告も兼ねてブログ更新します。
2月23日に瀬又の堰に行ってきました。ただ、この地点に関しては数年前(2009年夏ぐらいと記憶)から「村田川の増水で堰が流されて行けなくなった」との情報がありました。
ですので、それの真相を確かめるべく、また被害の状況を確認するべく瀬又に向かいました。

で、結論から言うと瀬又は駄目でした。
blog20110313-1.jpg
画面右側のコンクリートに昔は橋が架かっていましたが、完全に流されて消失しています。
それだけでなく、上流からの土砂や護岸のパーツ(赤茶色の鉄板のようなもの)も堆積している状況です。

s-blog20110313-6.jpg

これが以前の瀬又の堰ですが、完全に橋が消失しているだけでなく、対岸もかなりえぐられていることがわかります。
行ったことがある人は判ると思いますが、渡った先にあった弁財天や堰竣工の碑(確か)も流されてしまっているように見えます。

blog20110313-5.jpg


橋入口から見た写真。対岸に渡るのは不可となっている。


blog20110313-3.jpg
被害に遭ったのは堰だけでなく、やや上流の護岸も川側に傾いているほか、土砂の流出も起きています。
こんなに小さい川でも増水すると大きなエネルギーを持つことが実感できます。

blog20110313-4.jpg
現在、この護岸に関しては復旧工事が行われる予定のようで、一部では木で骨組み?のようなものをすでに作ってありました。
ただ、堰までが復旧されるかは不明ですので、今後かなりの間は安全な産地とはならないようです。


blog20110313-2.jpg
この標柱が堰の手前で終点となっていたのが気になる・・・

追記しておきますと、瀬又の堰に行く方法が全くなくなったわけではありません。
単純な話ですが、渡河という手段があります。見たところ、浅い場所もあるようなのでそれなりの装備をしてくれば渡れないことはありません。
ただ、やはり気軽に行ける産地ではなくなってしまったことが非常に残念です。
また一日も早く橋が復活して対岸に渡れるようになることを祈るばかりです。

PageTop

【郷土資料館訪問記7】君津市立久留里城址資料館

君津市立久留里城址資料館は久留里城のあった台地の上に位置しています。
blog20110219-1.jpg

入場料は無料、アクセスは久留里線久留里駅から徒歩20分ぐらい。また、カピーナ号、アクシー号の久留里バス停からどうように徒歩20分ぐらいです。

基本的に展示物は久留里城関連のものが中心となっており、戦国~江戸時代が好きな人は大いに楽しめると思います。また、若干ではありますが化石や縄文~中世の出土品も展示しています。
そのせいもあって、展示室が若干手狭な感じも受けました。
また唐箕が置いてあったりします。どこの資料館に行っても唐箕は置いてありますが、郷土資料館のステータスとも言えるかもしれません。

blog20110219-2.jpg

また屋外展示には上総掘りで使われる掘削機も展示されています。

久留里城本丸のあったところには展望台が設置されており、北~東~南がよく見えます。
blog20110219-3.jpg

展望台からの眺め
blog20110219-4.jpg

余談ですが、久留里地域は湧き水が豊富に湧いています。
久留里エリアにいらした際は湧き水を巡るのもよいかと思います。
blog20110219-5.jpg

PageTop

【郷土資料館訪問記6】山武市歴史民俗資料館

今回は山武市の歴史民俗資料館です。以前は成東町の郷土資料館でしたが、市町村合併によって山武市の資料館となりました。
アクセスは総武本線の成東駅から徒歩15分ほど。入場料は一般130円です。
併設施設に伊藤左千夫生家が保存されています。

資料館外観

建物入口にはC58 217の釜蓋?が置かれているのですが、これの出自について覗ったところ「謎」だそうです。
これについて検索してみると、どうも旭市の公園に保存されていた機関車のようですが、どういうことになっているのかは確認しないとわかりません。
SLフタ


建物の一階は企画展示ができるスペースになっており、訪問時は「蕨家と山武杉」の企画展を実施していました。
建物の内部は平成19年にリニューアルされており、地元特産の山武杉などを豊富に使用して温もりを感じられる内装になっています。
建物2階は常設展示となっており、伊藤左千夫の展示で固定されています。あまり文学に興味のない人はとっかかりがつかめないかもしれませんが、伊藤左千夫とアララギという言葉は覚えて帰ることができると思います。

併設されている伊藤左千夫生家は萱葺きの立派な建物で、一部は入ることができます。
伊藤左千夫生家
夏の暑い日でもこの家の日陰は涼しい風が通り、縁側などで気持ちよく休憩することができそうです。

生家外観

資料館の写真撮影については不明だったので、内部の撮影はしていません。

PageTop

【郷土資料館訪問記5】浦安市郷土博物館

今回は浦安市にある浦安市郷土博物館の紹介です。
 アクセスは舞浜駅・新浦安駅から浦安市コミュニティバス「おさんぽバス」舞浜線で「市役所・健康センター」下車、あるいは「おさんぽバス」医療センター線で「健康センター・郷土博物館」で下車です。
おさんぽバス

 館内の撮影は特別に許可が必要ということで、今回は写真は少ないですが、その分配布資料がかなり充実しているので復習もバッチリできます。
この気合の入り方だと、一回きり撮影して終わりではなく、何度も足を運んでもらいたいという意図があるのかもしれません。実際、パンフレットには「何度来ても新しい発見のある『リピーターを呼べる博物館』」を目指していると書かれています。
blog20110125-4.jpg

 見学した率直な感想は「これだけの設備で無料とな」というものでした。まあ値段どうこうではないですが、無料の郷土資料館でここまでの展示がしてあるのは今まで見たことがないので衝撃でした。
まず、屋外展示があります。それも、建物の。
屋外展示
施設外の通路より撮影。

 さらにここではただ建物を並べるだけでなく、当時の遊びや漁業に関する仕事などを体験することができ、イベントが年中を通して多く行われています。

 館内に関しても実物展示が中心で、解説もわかりやすく書かれています。映像資料も豊富ですので、理解の促進につながるのではないでしょうか。
 個人的なおすすめは、漁業が盛んだった頃、女性の仕事として行われた貝むきの映像です。バカガイやアサリなどの閉じている貝を簡単な道具を使って2秒あまりで身と貝を完全に分離する手さばきは感銘ものです。博物館に行かれた際は是非映像をご覧下さい。

若干展示スペースが小さく、「もう終わってしまうのか」という感じはしましたが、屋外展示を含めてじっくり見て回ればかなり楽しめる施設であると思います。

余談ですが、当博物館にはレストランが併設されています。漁業の資料に触れた後は海の恵みにありつくのもいいかもしれません。

PageTop

【郷土資料館訪問記4】市川市考古博物館&歴史博物館

久しぶりの博物館記事ですが、市川市の考古博物館歴史博物館に行ってきました。
鉄道とバスを使ってのアクセスは、総武本線市川駅より京成バス[市44系統、聖徳学園行き][市81系統北国分駅行き][市43系統北国分駅行き]で「博物館入口」バス停下車、徒歩15分ぐらいです。
blog20110120-1.jpg

地図を見るとわかりますが、市川市考古博物館は同市の歴史博物館と隣接しています。
最初に歴史博物館ができて、そこから専門性を持って考古博物館ができたのかなと思っていましたが、どうやらできた順は逆のようで、考古博物館が先のようです。
郷土資料館とは別に考古系を名乗る博物館も珍しいので、行ってみることに。

blog20110120-4.jpg
考古博物館の外観。若干年季モノな感じが入口の銘板から感じられます。


入場料は無料。写真撮影の際は申請書を書いて下さいということでした。
blog20110120-2.jpg

入口の感覚の通り、結構古めの施設です。
恐らく開館当初から解説などは模様替えしていないのだろうと思わせる、明朝体のやや古いデザインの解説文、題字。
展示内容は考古学の教科書を実物大にしたような感じ。考古博物館を標榜するだけあって、時代は旧石器時代から奈良時代までとなっている。

blog20110120-3.jpg
猿として入館した来場者は、ヒトとなって資料館に導かれていくのです(笑

blog20110120-5.jpg
サルからヒトになり、先史時代~古代を歩んできた来館者は、近世から近代へと歩みを進めることとなります。

市川市歴史博物館は考古博物館の延長で、鎌倉時代~現代を扱っています。
こちらも入場料は無料、若干展示が新しめとなっていますが、明朝体の館内案内がやはり古さを感じさせます;

現在はほぼ失われた漁業や、物流、交通の地として栄えた歴史を展示しています。
blog20110120-6.jpg
また、お決まりの農具の展示もあります。

市川市考古博物館と歴史博物館は2館セットとなった施設でした。行かれる際は時間に余裕を持って両方とも訪問することをおすすめいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━余談━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本題とは離れますが、考古博物館で販売されている『図説 市川の歴史』という本があります。
2009年に改訂版が出版され、内容が新しくなりました。
この本の驚異的なところはフルカラー288ページあり、かつ、1300円という超破格なことにあります。
それだけでなく、内容面も充実しており、市川の人なら郷土史に詳しく、市外の人でも市川に興味が持てる内容となっています。「市川船橋戦争」なんて読んでみたいでしょでしょう?
中々読み応えのある図説なので、郷土史なんかに興味がある人は購入を検討されては如何でしょう?
なお、通常の物流ルートには乗らない仕組みの冊子なので、お求めは現地または市ホームページからとなります。
s-DSC_8866.jpg

PageTop

【郷土資料館訪問記】八街市郷土資料館2

久しぶりに八街市郷土資料館に行ってきました。
どうも、今までは郷土史料館だったらしいのですが、平成19年に資料館と名前が変更になったようです。
文献資料だけでなくさまざまな資料を扱っていくぞという意気込みでしょうか?

アクセスは総武本線八街駅・都賀駅からちばフラワーバス八街線に乗車し、大関入口バス停から徒歩3分。
ちばフラワーバス

また、八街駅からコミュニティバス、八街市ふれあいバスに乗車し、ふれあいターミナルで下車です。
コミュニティバスの時刻や詳細については八街市のホームページをご覧下さい。
八街市コミュニティバス
入場料は無料です。開館時間は時9時~17時。休館日は月・祝日と年末年始です。

資料館は公民館などのある場所の奥にひっそりとあります。
資料館入口

建物の外観の割に展示資料は非常に充実していて、民具や八街開発に関係している資料以外にも、縄文、古墳、江戸といった時代の資料や、貝化石の展示も行っています。

八街は明治以降に開発された新しい街なので、あまり古い歴史はないだろう」と思っている人も多くいるようですが、調べるとはるか昔から歴史が息づいてきた地域であることがわかる資料館です。

縄文
縄文時代の資料。中央の石棒は男性器を模したもので、祭祀にあたって使用されたそうです。

縄文
貝化石に関する展示。この地域で「大谷流貝層」と呼ばれています。
上岩橋層に対比できる貝化石層で、約17万年前に堆積したものです。

山辺郡印
こちらは日本国内でもめったにお目にかかれない奈良時代の銅印です。
展示品はレプリカですが、レプリカを使って実際に印を押すこともできるのでぜひ押してみてください。

blog20101202-8.jpg
農業や林業をやる時に使用した道具の数々。

弥生
養蚕に使用された道具です。茶→養蚕→落花生と、八街の意外な産業史が見えてきます。

blog20101202-10.jpg
企画展「小谷流稲葉の謎を探る」より、「拝み図」。
八街は以外にも県内トップクラスの絵馬の奉納があり、これらは江戸時代の小さな村の文化や交流などを理解する上で貴重な資料となっています。

この資料館は、近年音声ガイドシステムを導入するきっかけがあり、赤外線による音声ガイドを楽しむことができます。
有料の博物館でもようやく導入され始めた音声ガイドシステムを、無料の郷土資料館で聞くことができるのはめったにできない経験ですので、ぜひ訪問された際は音声ガイドを利用してみるといいでしょう。

また、徐々にですが展示パネルの模様替えも行われており、図らずも行く度に変化のある資料館となっています。
毎年企画展も行われていますので、「『知って、学べて、楽しめる』資料館づくりを目指して」いる八街市郷土資料館を訪れてみてはいかがでしょうか?

PageTop