孤灯反射炉+露頭直下

ほったらかし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

千葉バスの旅 ~都・いすみ・小湊3色ツアーその2~

続き、いすみ鉄道大多喜駅からです。
いすみ鉄道は御存知の通り、経営再建が可能かどうかを見極める期間の真っ最中であり、経営改善の様子がなければ廃線も辞さないと言われています。社長公募~交代と紆余曲折を経て、現在は外資系航空会社運航部長であった鳥塚氏が社長を務めています。
鳥塚氏は自他共に認める鉄道ファンであり、いすみ鉄道のPRや商品開発に非常に積極的に活動されております。
同鉄道の施設も以前と比べて非常に賑わっている印象を受けます。大多喜駅の駅待合室もちょっとした売店のようになっていました。また、鳥塚氏は鉄道の前面展望DVDを販売しているパシナ倶楽部の代表でもあり、売店ではいすみ+小湊のDVDがセットで5000円という破格で販売されていたりしますw


そんないすみ鉄道を今回は大多喜から上総中野まで乗ります。上総中野で折り返して大原にルートも考えられるので、その場合はいすみ鉄道の一日フリー乗車券を、いすみ+小湊で乗り継ぐ場合は関東の駅百選認定記念 房総横断記念乗車券を使うといいと思います。

blog20100123-1.jpg
大多喜駅構内に登場した新撮影スポット

blog20100123-2.jpg
大原方面のホームへ向かうときは線路を横断、警報用の機会からは北陸でおなじみのあの音色が聞こえます

いすみに行くのは冬の夕方がいいんじゃないかと思います。何か非常に郷愁があって一瞬ここが千葉であることを忘れさせるような気がします。
blog20100123-7.jpg

さて、上総中野に着きました(ぇ
blog20100123-3.jpg

無人の駅で駅前もそれほど一通りは多くなく、さらに鄙びた感が味わえます。

blog20100123-4.jpg

blog20100123-5.jpg
駅前。

blog20100123-6.jpg
駅舎

さて、ここからは小湊鐵道ですが、あいにく私はこの後折り返して大原に行きました(ぇ
小湊鐵道ではおなじみ、キハ200に揺られて山間部から平野へと抜けることができます。紅葉の時期には非常に多くの人で賑わいますが、それ以外の季節でも魅力が発見出来るような路線です。是非ご乗車あれ。

スポンサーサイト

PageTop

千葉バスの旅 ~都・いすみ・小湊3色ツアー ~

12月末にちょっとやってみたくなって実行した乗り鉄&乗りバスの旅をご紹介します。
千葉中部を横断するようなルートです。

blog20100122-1.jpg

起点は外房線の茂原駅、千葉から113系に乗れるとなおよしです。

ここから大多喜に行くバスは小湊バスと都自動車がありますが、ここでしか乗れない都バスを選びました。
茂原発の時刻は7:15 10:05 12:10 14:10 16:45 19:00です。バスは発車時間の2分ほど前に来るようです。
ここから大多喜までは約40分、運賃は片道500円です。JRでも茂原から大原まで400円なので、地方のバスにしてはそれほど高い運賃ではないでしょう。


blog20100122-2.jpg

※長南営業所にて許可を得て撮影
使用されているのはこちらのキュービック(たぶん 型番とか分かりませんが、床が木張りのクラシックな車両です。
このバス路線は途中、一宮川と夷隅川の分水嶺を通るため、ちょっとした丘越えもします。エンジンの唸りなど楽しめるかと思いますよw

動画もうpしてみました


40分ほどでバスは終点の大多喜に到着。いすみ鉄道大多喜駅のちょうど正面に止まります。
blog20100122-3.jpg

ここでいすみ鉄道に乗り換え、上総中野へと向かいます・・・

PageTop

富士はやぶさの動画をちょっと

ニコにうpしました。素材用にでもお使い下さい



PageTop

千葉駅構内にシャッター通り出現

ちょうど去年と今年の境目辺りから、千葉駅構内にシャッター通りが出現し始めました。というのも、記憶に新しい昨年の金融危機の煽りを受けて、各店舗が使用料などを払えない事態が相次ぎ…
という訳ではないようで(ぇ

千葉駅改築に伴う閉店だそうです。

blog20100108-1.jpg

最初はマツキヨだけかと思っていたら、実は隣の店舗も次々と閉店。
blog20100108-2.jpg

さらには改札外の店舗も閉店が相次いでいたのです。びっくり。
blog20100108-3.jpg

こうして、2週間足らずで駅構内にはシャッター通りが。
blog20100108-4.jpg

個人的にはマツキヨと改札外のいっつえる閉店が衝撃でした。マツキヨは小学生時代からずっとありましたし、いっつぇるは千葉駅の駅そばで唯一生麺が食べられる場所でしたので…
東口改札側の店舗もいつ閉店するかわからないけど、何となく名残惜しい感じです。新駅舎でも多くのテナントが入るといいですね。

PageTop

2009年撮り納めと謹賀新年

もう2日ですが明けましておめでとうございます。本年も当チラシの裏をよろしくお願いいたします。
話は変わりますが12/26でflashのホームページは4周年目を迎えました。いろいろ体裁は変わっていますが、かろうじてflashサイトの面影を残しているとは思います。化石化してる化石サイトも何とか新年を迎えることができました。採集は行かないにしても、何かアカデミックな記事でも書けたらいいなとは思っているのですがなかなかできませんね。せめて博物館でも行ったらいいのにというところです。

まあ、あとは31日に撮った写真でも。終夜大回りや初詣・初日の出臨をバルブするような修行は今年はしませんでした。

blog20100102-1.jpg
22:30 千葉駅
今年も門松や大きな張り紙(こんな呼び方でいいのか は健在。
西口はすでに改築工事が始まっていますが、東口も今後改築工事が行われ、新しい駅舎となるそうです。

blog20100102-2.jpg
本年撮り納め、マリ118。反対側はマリ119でした。
房総113系もすでに多くの編成が離脱・廃車されています。残る編成も近いうちに離脱すると考えられますが、一日でも長く多くの編成が走っていてくれることを願うばかりです。

blog20100102-3.jpg
今年は113系ばかりでなく、キハ30の塗り替え、京葉の201系廃車、207系引退、銚子電鉄の新車導入・101の解体、217系の強化型スカート化、自動放送の本格稼働などなどなど、列挙に暇が無いほど千葉の鉄道事情が変わった年でもありました。2010年も現在行われつつある工事等の他、新車導入や廃車が多く行われると予想されます。
私としても地元の鉄として変化をつぶさに観察・記録していきたいと思っております。どうぞ、2010年もたまに更新される弧光灯の日記よろしくお願いいたします。


blog20100102-4.jpg
4:30 網戸越しに月食してるのかようわからない月の写真。満月の日は本当に明るいですよね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。