孤灯反射炉+露頭直下

ほったらかし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

だいぼうおんせんのおもいで3

久しぶりの旅行記ですが皆様如何お過ごしでしょうか?
毎日クソ暑い日が続きますが、たまにはクソみたいな3月の記事で涼しさを感じて頂ければと思います。

blog20100730-1.jpg

一晩お世話になった大坊温泉を後にし、弘南鉄道の石川駅に歩いて向かいます。
繰り返しますが、料金もリーズナブルで施設も綺麗。料理も美味しくて非常にいい温泉でした。
風評被害とかいい加減(ry

2月の北陸修行の時にブーツがあれば快適と学習したので、今回はブーツ装備です。
おかげで雪や水は全く靴に入ってこないのですが、若干歩行速度が遅くなるというデメリットも。
そんな訳でかなりのんびりと歩きながら石川駅を目指しました。

blog20100730-2.jpg

途中、大坊十文字、大坊小学校など何故かにやけそうなバス停を通りながらのんびりと歩きます。

blog20100730-3.jpg

歩いていて思ったのですが、この辺の地域は殆どの家に蔵があるっぽいです。
どういった訳か分かりませんが、多いです。

で、到着したのは石川駅の近くにある大仏公園
ちょっとした撮影スポットらしく、ここであけぼのを待ちました。
日本海は宿を出たのが遅かった関係で撮影できず。

blog20100730-4.jpg

さて石川駅に向かいますよ。

blog20100730-5.jpg

こんばんわー!

駅には有名な例の「ふざけていると最悪の場合死にます」の看板が。

で、踏切が鳴って電車が来ました。

blog20100730-6.jpg

やあ、随分とSLチックな電車だねぇ。どこから乗るのかな・・・


じゃなくて、弘南の雪かき列車、キ100がやってきました。
年15回ほどしか動かないそうなので、いいものを見たなという感じです。

とりあえずここから大鰐温泉へと向かいます。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

スカイライナー乗車記

今話題のスカイライナーに乗ってきました。
折角の新鮮なネタだったのに書くのに時間がかかりそうだったから放置してました。
ササッと書いちゃおうねぇ


blog20100719-1.jpg
旅の始まりは上野駅からです。JRのしのばず改札から徒歩1分、京成上野駅の入り口です。
ちょうどレトロな感じのバスも来ました。


blog20100719-2.jpg
乗るのはこのAE100形!JRの新車導入に対抗、また旧AE形のサービス向上として導入された車両です!
前面の傾斜は50度。ライトは鉄道車両では珍しいリトラクタブル式ライトを使用しています。
どうやら発車の直前に開くようです。

blog20100719-3.jpg
車内はこんな感じ。従来の茶色のモケットを青色のものに交換したほか、空気清浄機を後から取り付けています。

さていよいよ成田空港へ向けて動き出します。51分の旅の始まりです。


blog20100719-4.jpg
博物館動物園駅を通り抜け、工事中の日暮里駅へ入る大カーブ。編成が綺麗に見えます。

スカイライナーは都市部を抜け、郊外の住宅街を抜け、印旛沼周辺の谷津や川、丘陵を抜けて成田空港へ!


blog20100719-6.jpg
着きました。成田空港駅です



・・・・何か薄暗いですねぇ・・・・・・・



blog20100719-5.jpg
Welcome to japanの看板も写真を撮ったら呪われそうです・・・

blog20100719-7.jpg
実はここから空港へは距離があって、左側の通路を抜けて800mぐらい進むか、

blog20100719-8.jpg
無料のアクセスバスに乗ることで成田空港へ行くことができます。
バスもやっぱり空港向けで荷物スペースがかなり大きかったりと独自の設計となってました。

こうしてようやく成田空港へたどり着くことができました。
成田空港アクセス対決では京成は不利な立場に置かれているのではないかなぁ、と思った乗車記でした。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んなわけねーだろぉえ!!!

ドウモスミマセンデシタ
すでにお分かりかと思いますが、これは去年9月の乗車記+旧成田空港駅は1991年で東成田となっていますので、全くの嘘っぱちで構成されています。

まあ実際に新スカイライナーは乗ってきましたので、その様子でも。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。