孤灯反射炉+露頭直下

ほったらかし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【郷土資料館訪問記】四街道市消防資料館

つい最近四街道市消防資料館の存在を知ったので、早速行ってきました。

場所は四街道市吉岡474。市の中心部からは外れたのどかな場所にあります。
開館時間は午前10時から午後3時、休館日は月曜日・火曜日・祝日1月2日~4日、12月28日~31日
入館料は無料です。
だいたいの場所は以下の地図のポインタの辺りです。
消防資料館map

交通は総武本線都賀駅・八街駅からちばフラワーバス八街線に乗車、吉岡バス停で降りて徒歩1分。
ちばフラワーバス

あるいは総武本線四街道駅・千葉都市モノレール千城台駅より千葉内陸バス吉岡線に乗車して吉岡中央バス停で下車、徒歩1分です。
千葉内陸バス


まず、この資料館のみどころとして、屋外展示の消防車があります。
blog20101126-7.jpg

いずれも四街道市で活躍した後、ここに置かれて静かに余生を送っています。

ボンネットはしご車
ここの展示車両の中でも最古参のはしご付き消防車。昭和48年製です。
もう数少ないであろうボンネットの車体ですが、落ち葉が積もり車体が朽ちているのはもったいないと思いました。


せっかくなので館内も紹介しましょう。
資料館入口
この資料館は1993年に廃校となった吉岡小学校分校の校舎をそのまま使用しています。
大きな桜の木が並ぶかつての校庭は駐車場になっていました。
地元の方は桜の季節になると花見に来るそうです。

資料館廊下
校舎には特に手を加えず、現役そのままの姿で使用されています。
木張りの廊下など、ある世代以上の方には懐かしさを感じるものがあるのではないでしょうか。

展示室
展示品は江戸~明治~昭和と幅広く扱っており、地元の地名の入った古い資料などは親近感を湧き起こします。

展示品詳細
ここにもしっかりと「井物」と刻まれています。
この防火機材は約120年ほど前のものだそうで、全国的にも貴重な資料だそうです。
そのことを扱った新聞記事が入口正面の掲示板に小さく貼られていました。

blog20101126-6.jpg
展示品は多く、半鐘などなじみのあるものも多いです。

資料館入口

ここで紹介した写真は展示品のごく一部でしかありません。
木造の校舎の暖かみや懐かしさは実際に行ってみないとわかりませんので、是非近くに行く用事のあるときは一緒に訪問してみてください。
校舎が古く、ここもそう長くはないというお話を館の方から伺いました。
地域のために貢献した資料を多く扱う資料館です。ぜひ地域の方の力で存続させていきましょう。

スポンサーサイト

PageTop

【房総のバス路線】JRバス関東・南房州本線

あんまり知識がない状態でこのような文章を書くのもアレかと思いますが、バス教の布教に一役買うことが出来ればと思ったのでちょっと書いてみることにしました。
といってもただの旅行記のようなものになるかと思いますので、「ふーんそんなものか」と思って見ていただければと思います。



9月末日、こんな動画を投稿しました。
題材はJRバス関東の南房州本線館山と安房白浜を結ぶ路線です。

安房白浜は野島崎やめがね端など、風光明媚な土地であります。
また漁業や花卉栽培が盛んで、年中を通して五感に訴えかける素材が多くあります。

南房州本線は館山駅を出発して丘陵を越えて海側に出て東に進みます。
南房総map
他にも館山から安房白浜に向かう経路には
・半島西端の洲崎を回る経路
・県道86号を南下して最短経路で向かう経路
があります。

南房州本線はそのちょうど真ん中を通る路線です。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。