孤灯反射炉+露頭直下

ほったらかし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

博物館レポート 塩竈神社博物館

塩竈神社博物館 塩釜市一森山1番1号 

塩竈神社博物館は塩竈神社のそばに隣接していて、同神社に奉納された宝物のほか、2階は製塩に関する展示を行っている。
1階の展示室 には国指定重文の太刀などが10点近く展示されており、最も目を引くものとなっている。また、絵画数点も展示があり、遠い昔の塩竈の様子を伝える貴重な資料である。
2階の様子はうって変わり、昭和50年代に作られた郷土資料館のような雰囲気が漂っている。
製塩に関する資料と塩田のジオラマがあるが、かなりくたびれた感じになっている。
漁労関係の資料も若干あるが、奥の方でダンボールといっしょくたになっているのが残念である。

1階がかなりきらびやかであるので、是非2階も気合いを入れていただきたいものである。

スポンサーサイト

PageTop

博物館レポート 小美玉市 小川資料館

茨城県小美玉市の小川資料館に行ってきた。
かつてここは鹿島鉄道の常陸小川駅があった街であるが、鉄道の廃線とともに鉄道のない街となってしまった。

小川資料館ページhttp://www.city.omitama.lg.jp/241.html

さて、小川資料館のある小川地域であるが、かつては小川町という町であった。
それが2006年に合併し、現在は小美玉市となっている。

意外にも、納豆の有名メーカーであるタカノフーズはこの小川町に本社がある。
その辺の展示はどうなっているかというのも見たいところであるがさてさて。

DSC_0584.jpg

建物は公民館の裏手、図書館と併設で2階が資料館となっている。

建物自体新しく、綺麗な施設で、地域の歴史が満遍なく紹介されている。
ご当地的な資料は、小川河岸のジオラマ・江戸時代の医学者本間玄調・巨大なケンポナシの根など。
ゆっくり見て1時間ぐらい。

【小川河岸について】

小川の河岸については、現在もその場所がわかるとのことなので、現地に行ってみた。
どうも、この場所がかつての河岸があったところで、案内の看板が立っている。


大きな地図で見る
地図中縦横に建物の無いエリアがあるが、ここがかつての川で、今は暗渠となっている。

DSC_0614.jpg

左側の軽トラの後方に案内の看板があるくらいで、面影はない。

その他詳しい情報はこの辺りを参照されたい。

霞ケ浦から江戸へ 水戸藩水運の拠点


空港や納豆工場などがあるエリアなので、その辺りの展示も欲しかったが、特にこれといった展示は無かったのが残念なところ。
市街地には古い建物が多いので、文化財的建物をピックアップして紹介などもやっていただきたいところです。


PageTop

フェリー乗船レポート 大島汽船

大島汽船は、宮城県気仙沼市と気仙沼大島をむすぶ航路を運行しています。

http://www.oshimakisen.com/

現在稼働中の船舶は「フェリー亀山」「おおしま」「海来(ミライ)」の3隻となっています。
blog20120609-2-3.jpgblog20120609-2-12.jpgblog20120609-2-5.jpg
左「フェリー亀山」 中「海来」 右「おおしま」

フェリー亀山・海来は東日本大震災の津波で被災するも、修復を経て復活。
また、「おおしま」は愛媛県新居浜市の大島航路に就航していたものが、新造船の就航に伴い引退していたものが寄贈されたものです。

blog20120609-2-2.jpg

市沼仙気 の隣にうっすらと「浜居新」の文字が浮かんでいる。


さて、乗船したのは「フェリー亀山」で、2004年就航。
1階が車両甲板と客室、2階がデッキ、3階が操舵室といった構成。
客室スペースがほぼ通路のようになっているため、手狭な印象を受ける。
天気がよければ屋外デッキでカモメと戯れるのが一番いいように思えます。

blog20120609-2-9.jpg

気仙沼大島は鳴き砂で有名な十八鳴浜(くぐなりはま)などで知られる自然豊かな島で、島北側の亀山からは気仙沼市外や遠く岩手の山々が一望できます。

blog20120609-2-7.jpg

観光情報については、気仙沼観光協会のホームページからどうぞ。
http://www.k-macs.ne.jp/~oshimahp/

blog20120609-2-4.jpg

気仙沼市街地に劣らず、大島も着実に復興の槌音が聞こえており、物資を運ぶトラックや観光の車などで、カーフェリーは満員御礼の状態でした。

夏の晴れた日など、大島の静かな海岸をのんびりと散策してみたいものです。

気仙沼市街地は大正・昭和の古い建物が多く残っており、市街地散策もまた楽しいものです。
気仙沼駅前から、ちょうど徳仙丈山行きのバスが出ていたので行ってみました。ツツジの最盛期には斜面全体が朱色に染まり大変美しいそうです。
blog20120609-2-10.jpgblog20120609-2-11.jpg

PageTop

フェリー乗船レポート 塩竃市営汽船


塩竃市営汽船は宮城県塩竃市と浦戸諸島を結ぶフェリーです。
http://www.city.shiogama.miyagi.jp/html/kankou/urato/annai/shieikisen.html

現在、「みしお」「うらと」「しおじ」の3隻が運行中です。
blog20120609-1.jpgblog20120609-5.jpgblog20120609-6.jpg
左:「みしお」中:「うらと」右:「しおじ」




市営汽船とは言うものの、松島湾の島々を巡る航路のため、観光船でないながらも松島の風光明媚な景色を船上から眺めることが出来ます。

浦戸諸島に関しての観光は、塩竃市がホームページで紹介しているのでそちらをご参照あれ。
http://www.city.shiogama.miyagi.jp/html/kankou/urato/index.html

各島は小さいながらも、歴史と自然が豊かで、全島巡るなら1日がかりとなりそうです。

ハイキングガイドもありますが、情報が少し古く、津波で道路が流失したりしているところもあるので書き直してもらいたいところです。

blog20120609-2.jpg

写真は野々島の森に巡らされた通路。名物「椿のトンネル」もこんな感じの道。

往来はあまりないのか、立派な蜘蛛の巣がいたるところに貼ってあったり、地震か何かで崩れたままの石碑・墓石もあり、なんとも不思議な通路である。

それとも、普段の主要な交通は海側の道路が担っているのかもしれない。

blog20120609-4.jpg

この日訪れたのは野々島だけですが、3月11日の津波はこの平和な小さい島も襲い、最も大きい集落が壊滅したようです。
瓦礫等は粗方片付いたようですが、道路も仮設で未舗装ですし、堤防もひび割れているなど、元に戻るにはまだ時間がかかりそうです。


blog20120609-3.jpg

さて、最後に松島の状況ですが、被災後も変わらず、多島海の美しい景色を残しております。

大波によって削られたせいか、地層面が鮮やかで、海の青と陸の緑のコントラストを一層鮮やかなものにしています。

観光フェリーも動いており、美しい松島の風景はこれからも見ることができそうです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。