孤灯反射炉+露頭直下

ほったらかし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

旅人の憩い場 2 竹岡駅

竹岡1

南房総サイクリングのかたわら、竹岡駅に寄ってみた。

湊川を渡り、車窓からは海がよく見えるようになってくると、もう内房地域だ。国道と海岸線がすぐそば迫り、対岸には三浦半島や富士山が見える。そんな頃に到着するのがこの竹岡駅だ。
以前は南房総の他の駅と同じような駅舎だったが、今年春のちばDCにあわせて新しい駅舎となった。日の光が多く入り、清潔な感じがする。
ここは完全な無人駅なのだが、近年各無人駅に現れ始めた感熱紙式の乗車駅証明書に変わってはいないかと少し不安だった。

とりあえず押してみた。
カカカジジジジジジジ・・・ありがとうございました(←当然棒読み。しかもやたら音がでかい)
安心した。

この駅は線路がカーブしていて、マトモな写真が撮れる場所でもある。
上の写真は浜金谷寄りの先端から200mmで、下の写真は上総湊寄りを145mmで撮影した。
竹岡2


周辺には竹岡のヒカリモ発生地もあり、6月(ぐらいだったっけか)にはもしかするとヒカリモがみられるかもしれない。そのほか海も近く、萩生漁港や海岸も近いので、18きっぷなどを使って立ち寄った際にはそこらも散策してみるといいかもしれない。最後に、いつも駅を掃除してくれている近隣の方に感謝します。(だって物凄い勢いで愚痴ってたんだもん)

竹岡3

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。