孤灯反射炉+露頭直下

ほったらかし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【ネガの世界から1】 1998年2月11日 千葉駅1・2番線

blog20080109.jpg

今から約10年前のこと。当時小学4年生だった私は鉄道少年で、しょっちゅう地元の駅や千葉駅に撮影に行っていた。デジカメなど手にするわけもなく、インスタントカメラで普通特急列車問わず撮りまくっていた。
フィルムの現像代は24枚で約800円。月あたりの小遣いが500円だか1000円だかの私にとって大きな出費だったが、合計すれば150枚ぐらいの写真を撮っていただろうか。手元には結構な数のネガがある。まあ腕がいいわけでもなく、実際にマトモに見られる写真は50枚無いだろう。
先日、ネガの中からよさそうなものを選んで現像に行ってきた。ネガが湿気にやられてしっかりと色が出なかったが、当時の思い出がしっかりと思い起こされた。
もう10年前のことだが、ほとんどの写真をどこで撮影したかを覚えていたのは我ながら凄いと思った。どの辺が凄いのかよくわからないが。

この車輌の編成番号は329と書かれている。所属区は幕張?三鷹?津田沼?

何かの素材になればいいな
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008-01-09(Wed)22:48 [編集]


No title

5日後にコメ返し!あけおめだー(遅
しばらく自重下さいw

10年前から鉄な人間だったわけです。
当時は鉄道なら何でもよかったのですね。
でも新幹線とかより通勤電車とかの方が撮影の対象になってたみたいです。身近な鉄道だったからでしょうね。
今年もよろしくです。

弧光灯 | URL | 2008-01-14(Mon)14:20 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。