孤灯反射炉+露頭直下

ほったらかし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

地上のモノレール

20周年記念HMを撮影した後、稲毛区萩台にある(車庫は台地ではないのだが。)千葉都市モノレールの車庫に行ってみた。すでに去年、1編成が運用を離脱し、1両は廃車となったようだ。もう一両は敷地内に置かれ、去年秋のモノレール祭りでは、休憩室として利用されていた。
今回は、廃車第一号の反対側にある駐車場に、1編成、2両が運用を離脱し、置かれているのを取材した。編成番号は分からなかったが、どうやら一桁の編成のようだ。戸袋やケーブル類はすべて取り外されているので、今後の運用復帰はなさそうだ。
昨年度のモノレール祭りでは、この場所は駐車場となっていたので、近いうちに移動されることが予想されるので、近くを通った際には定期的に観察していきたい。

blog20080330-1.jpg

惜しくも20周年を迎えられなかった車輌を、20回目の桜が労う。

blog20080331-1.jpg

20周年を祝う満開の桜。

※写真はいずれも敷地外より撮影。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。