孤灯反射炉+露頭直下

ほったらかし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

成田線 1431M

blog20090923-4.jpg
↑なぜかカツカツにトリミングした成田空港行き

今まで撮る専だった各駅停車成田空港行きですが、ツーデーパスがあるので初乗車してきました。
成田空港行きとなる113系8連は、324Mの折り返しとして千葉駅9番に7時29分に入線します。

一日一本ですから、方向幕などを撮っておくのがよいと思います。
正面の"NARITAKUKO"表記も忘れずにw
blog20090923-1.jpg

列車は7時32分に千葉を発車し、成田空港には8時24分につきます。
途中、総武・成田線内ではあり得ないほどの113系とすれ違いますので、かぶりつきや進行方向右側の車窓が十分に楽しめると思います。

また、エアポート成田では一足先に聞けなくなった、英語の偽自動放送が流れます。
スピーカーがスピーカーなので音質はあまり良くないですが、空港に行く列車を実感することができます。

成田を出るとしばらくは銚子方面へ向かう佐松線と平行しますが、やがて南へと大きくカーブを描き、成田新幹線の高架へと上っていきます。高規格(たぶん)路線ですので揺れも少なく、ジョイント音もほとんど無いため録音に適している区間といえそうです。
建設中の成田新高速鉄道の線路を見ながら、列車は根古谷信号所を通過します。
ここでは上りのNEXを待たせるという快挙が見られますw

やがてトンネルに入り、通常113系が営業運転するただ2つの地下駅に滑り込んで行きます。
空港第二ビルを発車し、まもなく終点の放送。成田空港駅一番線に入ります。


blog20090923-2.jpg

到着したホームでは回送のNEX・スカイライナーなどの空港特急と顔を合わせる光景も見られます。
入線する車両のほとんどはステンレス製ですが、こういった光景も何となく安心感を覚えます。

blog20090923-3.jpg

乗車後は空港に行って飛行機撮ったり、連絡バスで東成田に行ってみたりそっから芝山乗ったりスカイライナー乗ったりといろいろできますので計画を立てて成田空港を満喫してもらえばと思います。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。