孤灯反射炉+露頭直下

ほったらかし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Satuns製作後記

恒例の書き始めると何を書こうか忘れる製作後記でございます。
今回もFlashとVideo Studio12との併用で製作を進めました。
しかーし今回はFlash CS4の体験版を使ってみました。特に理由は無いですが、とにかく使ってみたかったので使いました(ぇ
Flash MX2004とは若干仕様が違うところがあって慣れるまでに手こずりましたが、だいたい10日でSatunsを仕上げるまでには使えるようになりました。それにしても3Dツールや新たに加わった覆い焼きなどの表示、ぼかしなどのフィルターがついてかなり便利になりましたねぇ。インスタンスをぐりぐり動かせる3Dツールなんて動かしてるだけで楽しくなりますね


まあ、そんな感じで。
Video Studioでswfが読み込めるのをつい最近知ったので、ムービークリップも遠慮なく使えるようになりました。

で、今回は0:25~0:36と1:23~1:31がVS、それ以外がFlashで作ったパートです。
「この電車は南北線」の部分はFLASHで作ってクロマキーで合成してありますが、それ以外はVS製です。
主にVSではクロマキーや明度・早送り・古いフィルム風などのエフェクトを使いました。
また、トランジションも少し使ってみています。
フェードインやスクロールなんかもちょっと工夫するとできるのでおすすめです(詳細は2学期


ちょっとVSを使っているときに気になったのが、「クリップ単体でのフェードアウトってどうやるんだ?」って事なのですが、いろいろとエフェクトなど見てみてもどうも見当たらず、できないんじゃないかと思われます。
ですが、トランジションには「クロスフェード」なるエフェクトがありますのでこれで代用することに成功しました。

やり方は至って簡単で、→の透明pngをダウンロードし、これをムービークリップやイメージと重ねてトランジションのF/Xからクロスフェードを選択してD&Dするだけです。これでフェードインが可能になります。またクリップの末尾に被せることでフェードアウトもすることができます。

同様に黒い四角→
を用意して同じことをすると黒画面へのフェードイン・アウトができます。お試しあれ。


もう結構どうでもよくなってきたのでこの辺りで。とりあえず世界の新着動画でも完走できたようですし、見て下さった方もそれなりに満足していただけたようなので一安心です。
あとマイムマイムとかそれに類する曲を使った1分以内の静止画+音声ばかり投稿される流れにも一石投じられたようで満足。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。