孤灯反射炉+露頭直下

ほったらかし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

千葉バスの旅 ~都・いすみ・小湊3色ツアーその2~

続き、いすみ鉄道大多喜駅からです。
いすみ鉄道は御存知の通り、経営再建が可能かどうかを見極める期間の真っ最中であり、経営改善の様子がなければ廃線も辞さないと言われています。社長公募~交代と紆余曲折を経て、現在は外資系航空会社運航部長であった鳥塚氏が社長を務めています。
鳥塚氏は自他共に認める鉄道ファンであり、いすみ鉄道のPRや商品開発に非常に積極的に活動されております。
同鉄道の施設も以前と比べて非常に賑わっている印象を受けます。大多喜駅の駅待合室もちょっとした売店のようになっていました。また、鳥塚氏は鉄道の前面展望DVDを販売しているパシナ倶楽部の代表でもあり、売店ではいすみ+小湊のDVDがセットで5000円という破格で販売されていたりしますw


そんないすみ鉄道を今回は大多喜から上総中野まで乗ります。上総中野で折り返して大原にルートも考えられるので、その場合はいすみ鉄道の一日フリー乗車券を、いすみ+小湊で乗り継ぐ場合は関東の駅百選認定記念 房総横断記念乗車券を使うといいと思います。

blog20100123-1.jpg
大多喜駅構内に登場した新撮影スポット

blog20100123-2.jpg
大原方面のホームへ向かうときは線路を横断、警報用の機会からは北陸でおなじみのあの音色が聞こえます

いすみに行くのは冬の夕方がいいんじゃないかと思います。何か非常に郷愁があって一瞬ここが千葉であることを忘れさせるような気がします。
blog20100123-7.jpg

さて、上総中野に着きました(ぇ
blog20100123-3.jpg

無人の駅で駅前もそれほど一通りは多くなく、さらに鄙びた感が味わえます。

blog20100123-4.jpg

blog20100123-5.jpg
駅前。

blog20100123-6.jpg
駅舎

さて、ここからは小湊鐵道ですが、あいにく私はこの後折り返して大原に行きました(ぇ
小湊鐵道ではおなじみ、キハ200に揺られて山間部から平野へと抜けることができます。紅葉の時期には非常に多くの人で賑わいますが、それ以外の季節でも魅力が発見出来るような路線です。是非ご乗車あれ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

キハ200であの赤い気道車を思い出す私は九州人

アクアライナー | URL | 2010-01-25(Mon)02:45 [編集]


こんにちは

はじめまして
私は千マリ113系が大好きで撮影に明け暮れている者です。ひがささんのブログすごいなと思いました、写真技術・文責など!更新期待してます。
リンク結ばせてもらえないでしょうか?
「千マリ屋:本舗」 (Fc2)といいます。 

PANTHER | URL | 2010-01-25(Mon)13:14 [編集]


>>アクア様
それは仕方ないね

>>PANTHER様
初めまして。リンク貼らせて頂きました。
113系も最後の日まで記録しようとしている者ですがよろしくお願いいたします。
ついでに、孤灯反射炉=管理人:弧光灯 露頭直下=管理人:ひがさ というややこしい事になってます。中の人は同じなんですけどねw

弧光灯 | URL | 2010-01-26(Tue)02:04 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。