孤灯反射炉+露頭直下

ほったらかし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大垣市金生山産の石灰岩を研磨してスキャンしてみる

もうかれこれ5年前に初めて岐阜県の金生山に行ったのですが、そのとき立ち寄った金生山化石館にて研磨してある小さい石灰岩のサンプルを貰いました。
で、つい昨日に「これスキャンしたらどうなるんだろう」と思い立ってスキャンしてみたところ、なんともまあ綺麗に化石が写ることを発見いたしました。この感動をおすそ分けすべく記事にしてみたわけですが、趣旨はそのおすそ分けにあるため、内容としてはかなり薄いものとなっております。お許し下さい。

金生山は標高200m程度の低い山ですが、ちょうど平野と山地の境界に位置しているため、大垣市内をよく見渡すことができます。
江戸時代より石灰岩の山地として知られ、現在でもなお石灰岩の採掘が行われています。そのため、山としては山頂にある公園と麓を結ぶ道路が申し訳程度に残されているだけとなっています。
また、明治に入り金生山にて良質の古生代の化石が産出することが報告され、一大化石産地として知られるようにもなりました。昔はそれはもうとんでもなくマニアックでレアな化石が大量に採れたそうですが、現在は採掘が進み、あまりめぼしいものは採れなくなっているようです。金生山で採集された貴重な化石の多くは金生山化石館に展示してあるので、是非ご覧下さい。

で、それらの産出する化石の中でも最もありふれた化石がこちら、フズリナです。
フズリナの中でも大きく、複雑化したヤベイナという種類のもののようです。
さらに写真を拡大することができますが、実際の直径は10mmに満たないほどです。

blog20100517-2.jpg

こちらはすでに絶滅した四放サンゴと呼ばれるものの仲間。ラッパが単体で海底に突き刺さっていたような生物のようですが、こういう標本を見ると群れて生活していたようにも見えますね。

blog20100517-1.jpg

研磨→スキャンの写真の撮り方は光の反射も防げますし、かなり研磨した標本に対しては効果的なように思えますね。
ただスキャナのガラスを傷つけないように注意しないといけませんね
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010-05-17(Mon)23:11 [編集]


金生山いいですね~
一度は行きたい産地でしたが遠いうえもういいものが採れないとは何とも残念です><

チャパ | URL | 2010-05-18(Tue)00:08 [編集]


>>非公開コメ様
鉄道だけでなく地学まで関心があらせられるとは御見それいたしました
泥岩や凝灰岩は柔らかいので研磨は楽でしょう。何か発見があるかもしれませんね。
個人的には礫岩など磨いてみたら面白いかと思います

>>チャパ様
こちらでは初めまして。毎度鉄道記事ばかりでうんざりされていると思いますが、記事を見ていただいてありがとうございます。
昔の金生山はベレロホンだのマーチソニアだのの貝類が単体で産出したり、風化した土砂をふるい掛けすれば微小貝がざっくざく・・・何てこともあったそうです。
今ではフズリナやウミユリぐらいしか普通には採れないようです。そもそも私有地ですので立ち入りもできるかどうかという問題もありますし・・・
ただ、たぶん化石館に行けば小さいサンプルはくれると思いますし、方解石なんかももらえたりすると思いますので、行ってみる価値はあるかと思います。
美濃赤坂駅の周辺は昔は宿場町だったそうで、歩くだけでも面白い場所かと思いますよ。

弧光灯 | URL | 2010-05-18(Tue)00:44 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010-05-18(Tue)21:19 [編集]


>>非公開コメ様
こんにちは。返信が相変わらず遅くなってしまってすみません。
まず、わざわざ挨拶にまで来ていただいたことを非常に嬉しく思っています。
もう2年も前の話になりますが、あの時は偽者だの何だで変なことになっていて実態がよく分かりませんでしたが、
しばらくすれば落ち着くだろうと思ってたら案の定でしたねw

若くで何でもできる時期にニコニコでMAD製作に没頭というのもどうかとは思いますが、時間の許す限り製作してくれれば幸いです。
今後の作品を楽しみに待たせていただきたいと思います。

あと余計かもしれませんが、あなたの旧名の評価は依然最悪に近いものがありますので、くれぐれも慎重に行動なさるようにされたほうが良いかと思います。
それでは。

弧光灯 | URL | 2010-05-26(Wed)16:04 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。