孤灯反射炉+露頭直下

ほったらかし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

きたぐにのおはなし

6/12に記事を書いたのですが、写真を用意して適当に記事を書くだけでもかなり時間を取られそうだったので、今日も追記して完成させましたとさ。



何でまた突然こんな記事を書いたのかって、ちょうど今日がきたぐにオフから一年だったからです。
それで、また放っておくと「この記事は一ヶ月以上更新の無い(ry」なんてものが出てくるので、それの阻止のためでもあります。

一年前の旅行がどんなものだったかと言うと、
とりあえずきたぐに乗りたいから乗るぞ!」というコンセプトの下、それに400系つばさのグリーンだの途中下車作者の皆様とのオフだの関西本線修行だのをくっつけて一筆書きする経路で行った旅行です。

で、去年の記事はちょうどきたぐにに乗る前で気力が失せた関係で打ち止めとなっていたのですが、この記事は読者の皆様の期待に応えた後編ということになります。

とりあえずは新潟の蕎麦屋です。改札を出て徒歩1分。値段の割りに美味しいので軽食におすすめできます。
弊店10時半でその数分前に駆け込み。駆け込みオーダーはおやめ下さい。

blog20100612-1.jpg

その後は待望のきたぐに充です。

まずは外観を一両ずつ撮影しながら最後尾へ。
blog20100612-2.jpg

で、最後尾。構図が糞なのは許せ。

そこからホームを移動して今度は車内を撮影。
blog20100612-9.jpg

グリーン車。天井の高さが際立ちますね。

blog20100612-3.jpg

C寝台。元祖、419でも体験できる幅広シートです。
放送の録音は、まあ無理でしょう。

blog20100612-5.jpg

みんな大好き三段式B寝台。今回のお宿はパンタ下中段です。

blog20100612-4.jpg

途中下車作者的に気になるスピーカーの位置ですが、パンタ下の部分は通路の真ん中に。それ以外は奇数側の一番上にあるっぽいです。
blog20100612-8.jpg

修行者向けの中段。いつかは乗ってみたいものです。
blog20100612-7.jpg

そんな訳で最前部に。車内探検も終了です。
見た感じ、満員でもなく、ガラガラでもなく、程々に乗っているような感じでした。
特に何でもない6月の平日のことですから、まあマシな方なんではないかと。
blog20100612-6.jpg

この記事を書くために写真を見直していたんですが、まあ腕の悪いこと
全体的に焦点が定まってないものが多いし、それにもまして手振れ写真の多いこと多いこと。
今度はちゃんとマニュアルでシャッタースピードを確保できるような設定にしておかなければなりませんな。

追記

blog20100612-10.jpg

登場からもうかれこれ40年、世代を問わず人気の高い583ではありますが、そのぶん車両部品の盗難も多いこと。
一応全車両のプレートを確認しましたが、オリジナルのものは数個だけでした。
まあ、私もテツですので欲しい気持ちは分からなくもないですが、まあ、フェアじゃないですよね。
レプリカとかを安価で供給できるようになれば所有欲を簡単に満たせるような気がしますけれども。
あるいは本物はもうJRが回収してしまって、現在JR系車両で使われているようなシール式にいっそのことしてしまってもいいかもしれませんね。

まあ、そんな訳でいち583好きとしては胸の痛くなるお話でしたとさ。

さらにどうでもいいですが、今回乗った車両はサロネ581-1を含む編成。08年8月に乗った車両と同じでした。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。

もうリアルで初めてお会いしてから一年になるんですねぇ、早いものです(しみじみ)・・・。
あのときはこちらが色々と醜態晒してしまって、お目汚し大変失礼しましたw

きたぐにも「無いようで有る」需要のために走り続けてるんですね。
いや~、俺も始発から終着まできたぐにA寝台のもふもふフカフカな布団に包まれてみたいですw

E751系の車内の車番は数字切抜きのシールのようです・・・
なんか寂しさも感じる反面、盗られたプレートの跡を見て心を痛めることを思えば、こういう徹底した対策がされてたほうがマシかなとも思ったりします。

いつものように自己主張多めのコメで失礼しました~。ではでは。

城陽忠広 | URL | 2010-06-14(Mon)23:17 [編集]


あの時は平日の朝早くにも関わらず来ていただいて本当に嬉しかったです。
帰ってから思い返してみれば、「学校があるにも関わらず朝早く起きてわざわざ大阪まで来てもらい、さらにそこから皆さん学校へ向かって行ったんだなぁ」ということを考えたら、お礼が不十分すぎたとな思って反省してました。
今度はもっと時間のあるときにのんびり撮影なり雑談なりできるような行程を考えて行きたいと思ってます。


きたぐにのA寝台ですが、もとを糺せば所詮座席ですので、お世辞にもフカフカとは言えませんw
お金があるなら別ですが、やはりB寝台の上中下段乗車ミッションを遂行したほうが思い出深くなると私は踏んでいます

E751の車両番号、確かに数字とアルファベットのシール式でしたね。
製造元の近畿車輛のマークもありましたが、それもシールでした。
おまけに、それらも盗まれそうになったのか知りませんが、四隅に剥がそうとしたような形跡があったり・・・
やっぱり、583もシール式にした方がいいんじゃないかなと改めて思わされましたw

コメント頂けると記事を書いた甲斐がありますので、自己主張でも何でも大歓迎ですw
それでは。

弧光灯 | URL | 2010-06-16(Wed)14:08 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。