孤灯反射炉+露頭直下

ほったらかし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【郷土資料館訪問記6】山武市歴史民俗資料館

今回は山武市の歴史民俗資料館です。以前は成東町の郷土資料館でしたが、市町村合併によって山武市の資料館となりました。
アクセスは総武本線の成東駅から徒歩15分ほど。入場料は一般130円です。
併設施設に伊藤左千夫生家が保存されています。

資料館外観

建物入口にはC58 217の釜蓋?が置かれているのですが、これの出自について覗ったところ「謎」だそうです。
これについて検索してみると、どうも旭市の公園に保存されていた機関車のようですが、どういうことになっているのかは確認しないとわかりません。
SLフタ


建物の一階は企画展示ができるスペースになっており、訪問時は「蕨家と山武杉」の企画展を実施していました。
建物の内部は平成19年にリニューアルされており、地元特産の山武杉などを豊富に使用して温もりを感じられる内装になっています。
建物2階は常設展示となっており、伊藤左千夫の展示で固定されています。あまり文学に興味のない人はとっかかりがつかめないかもしれませんが、伊藤左千夫とアララギという言葉は覚えて帰ることができると思います。

併設されている伊藤左千夫生家は萱葺きの立派な建物で、一部は入ることができます。
伊藤左千夫生家
夏の暑い日でもこの家の日陰は涼しい風が通り、縁側などで気持ちよく休憩することができそうです。

生家外観

資料館の写真撮影については不明だったので、内部の撮影はしていません。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。