孤灯反射炉+露頭直下

ほったらかし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

博物館レポート 小美玉市 小川資料館

茨城県小美玉市の小川資料館に行ってきた。
かつてここは鹿島鉄道の常陸小川駅があった街であるが、鉄道の廃線とともに鉄道のない街となってしまった。

小川資料館ページhttp://www.city.omitama.lg.jp/241.html

さて、小川資料館のある小川地域であるが、かつては小川町という町であった。
それが2006年に合併し、現在は小美玉市となっている。

意外にも、納豆の有名メーカーであるタカノフーズはこの小川町に本社がある。
その辺の展示はどうなっているかというのも見たいところであるがさてさて。

DSC_0584.jpg

建物は公民館の裏手、図書館と併設で2階が資料館となっている。

建物自体新しく、綺麗な施設で、地域の歴史が満遍なく紹介されている。
ご当地的な資料は、小川河岸のジオラマ・江戸時代の医学者本間玄調・巨大なケンポナシの根など。
ゆっくり見て1時間ぐらい。

【小川河岸について】

小川の河岸については、現在もその場所がわかるとのことなので、現地に行ってみた。
どうも、この場所がかつての河岸があったところで、案内の看板が立っている。


大きな地図で見る
地図中縦横に建物の無いエリアがあるが、ここがかつての川で、今は暗渠となっている。

DSC_0614.jpg

左側の軽トラの後方に案内の看板があるくらいで、面影はない。

その他詳しい情報はこの辺りを参照されたい。

霞ケ浦から江戸へ 水戸藩水運の拠点


空港や納豆工場などがあるエリアなので、その辺りの展示も欲しかったが、特にこれといった展示は無かったのが残念なところ。
市街地には古い建物が多いので、文化財的建物をピックアップして紹介などもやっていただきたいところです。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。